• 2022年9月25日
  • 2022年9月25日

観世三郎太さん 観世流の若き能楽師!堂々とした落ち着き 父母の教え守り

観世流といえば、室町時代から続いてきた能楽の名家です。 能楽の祖、観阿弥(かんあみ)世阿弥を祖先に持つ、観世家。 観世三郎太さんは、宗家である観世清和さんのご子息です。 この記事では観世三郎太さんの能楽にむきあう姿について考察しています。 観世三郎太 […]

  • 2022年9月11日
  • 2022年9月20日

人生の転機が訪れる前兆|スピリチュアルなサインが届く、変わり目のとき!

人生には節目ふしめで転機が訪れます。 子どもから青年に、青年から中年にと、成長の段階ごとに何度か訪れる転機。 ある程度人生経験を積むと、「あ、今、転機のときかも!」と気づく瞬間があります。 人生の転機に気づくことは、気づかずにいるよりその後の人生を何 […]

  • 2022年9月6日
  • 2022年9月11日

美しい季節のことば 言い回し一覧【知って使えるとカッコイイ大人】

四季の変化がはっきりしている日本。 季節ごとにシーズン限定の言い回しがあります。   たとえば、「終わり」は、「夏の終わり」とは使っても「春の終わり」とはあまり使いません。 「夏の終わり」というと、過ぎゆく夏を名残りおしむニュアンスまでも感 […]

  • 2022年8月31日
  • 2022年9月25日

京都弁の日常会話|おなじみの京都弁からディープものまで 残したいことば

京都に暮らしているとことさら京都弁や京ことばなんて意識しいひんのですが よその府県の人と話したり旅行でご一緒したりすると、染み付いた京都のことばと風習を強く意識させられます。 この記事では、京都弁やと他府県の方が思われていることばを集めて解説していま […]

  • 2022年8月11日
  • 2022年8月16日

安井金比羅宮エピソード|縁結び、縁切りの効果は?両方あった!【体験談】

悪縁を切りたいと願う人が訪れる安井金比羅宮。 縁切りの効果はどのくらいあるのでしょうか?   安井金比羅宮はもともと昔から今のように縁切りで有名だった神社ではありません。 祇園という場所柄、祇園で働く接客業の女性の方がひっそりとおまいりする […]

  • 2022年8月8日
  • 2022年9月26日

【パワハラで退職しても仕返ししてはいけない理由】後腐れが残るだけ!見限ったほうが勝ち!

パワハラで退職したとき、仕返しをしてギャフンといわせてから辞めてやろう 気持ちはわかりますが、そんな考えはおすすめしません。 この記事では、パワハラで退職したとき かしこい大人はどうするかについて書いています。 最後まで読んで、かしこい仕返しをして、 […]

  • 2022年8月4日
  • 2022年8月12日

始末するとは京都の方言|ケチとは違う身の丈のくらし【元祖SDGs、サスティナブル】

始末する とは、京都で日常的につかうことばで、ものを大切に使う、倹約するという意味です。   「始末」ということばにポジティブなイメージはあまりないかもしれません。 ビジネスで過失をわびる始末書や、始末をつけるなど、はじめとおわりをきっちり […]

  • 2022年7月6日
  • 2022年8月2日

野村萬斎さんのすごさ|マルチな才能がすごい、高い身体能力!年収もすごい?

野村萬斎さんは狂言師ですが、狂言の範囲にとどまらない幅広い活動が目立ちます。 ドラマに映画、子ども向けの教養番組やバラエティまで、ジャンル問わず第一線で活躍する野村萬斎さん。 この記事では、野村萬斎さんのすごさについて、私が実際に見た舞台や公演の感想 […]

  • 2022年7月3日
  • 2022年8月15日

【お金の不思議な力】お金のピンチを乗り切れた体験談、収支が合うようにできているのはなぜ?

お金って不思議だと思ったことはありませんか。 財布の中に入っていた1万円札、崩すとあっという間になくなってしまう。 給料前はいつも財布の中身が寂しくなって、やりくりが大変。 家電の買い替えで大きな支払いが続いたけど、かき集めたら工面できた! この記事 […]

  • 2022年6月25日
  • 2022年6月30日

大原女が可愛い!京都の働く女性はおしゃれな衣装で何を売っていた?

大原女とは、京都の山里・大原で若い女性が都に行商していた呼び名です。 おおはらめ と読みます。 この記事では大原女が行商をした理由と、意外とおしゃれな大原女の衣装についても書いています。 大原女とは?読み方は? 大原女と書いて、「おおはらめ」と読みま […]

CATEGORY カテゴリごとの最新記事