能・狂言
CATEGORY

能・狂言

能狂言を初めて見る人のために、能狂言をわかりやすく説明します。

  • 2022年9月25日
  • 2022年9月25日

観世三郎太さん 観世流の若き能楽師!堂々とした落ち着き 父母の教え守り

観世流といえば、室町時代から続いてきた能楽の名家です。 能楽の祖、観阿弥(かんあみ)世阿弥を祖先に持つ、観世家。 観世三郎太さんは、宗家である観世清和さんのご子息です。 この記事では観世三郎太さんの能楽にむきあう姿について考察しています。 観世三郎太 […]

  • 2022年7月6日
  • 2022年8月2日

野村萬斎さんのすごさ|マルチな才能がすごい、高い身体能力!年収もすごい?

野村萬斎さんは狂言師ですが、狂言の範囲にとどまらない幅広い活動が目立ちます。 ドラマに映画、子ども向けの教養番組やバラエティまで、ジャンル問わず第一線で活躍する野村萬斎さん。 この記事では、野村萬斎さんのすごさについて、私が実際に見た舞台や公演の感想 […]

  • 2022年2月22日
  • 2022年6月8日

新作能「白雪姫」に心奪われた!野村太一郎出演、野村萬斎監修【能狂言の新たな境地】

クラウドファンディングで話題になっていた新作能「白雪姫」を見てきました。 白雪姫はおなじみグリム童話で、子どもの頃多くの方が親しんだ童話です。 グリム童話を能狂言に仕立てるとなると、どんなふうになるのか? 時代背景も文化も違う西洋の童話を、どのように […]

  • 2021年12月20日
  • 2022年6月8日

【鬼滅の刃 野村萬斎が企画・演出で能狂言に!】若い世代にも楽しめるエンタメに期待!2022年夏・冬公演

2021年、大ヒットしたコミック・映画の鬼滅の刃(きめつのやいば)。 国民的大ヒットとなった「鬼滅の刃」が2022年、野村萬斎さん演出・出演で能狂言化されることが決定しました。 2022年夏に東京、2022年冬に大阪での開催が決定しています。 能狂言 […]

  • 2021年11月3日
  • 2022年7月6日

野村萬斎さんと金沢との縁|家系図で曽祖父の出身地 石川県立音楽堂の邦楽監督に就任

狂言師の野村萬斎さんは、テレビやドラマでも大活躍です。 野村萬斎さんは金沢にゆかりがあるということで、石川県立音楽堂の邦楽監督も務めていらっしゃいます。   野村萬斎さんの曽祖父(ひいおじいさん)の代まで金沢在住で、加賀百万石の前田家のおか […]

  • 2021年10月18日
  • 2022年6月1日

阿漕とは|能の演目 語源は阿漕ヶ浦の漁師、阿漕平治から 商売との関連は?

貪欲(どんよく)でずるがしこい商売のことを、阿漕(あこぎ)な商売、と言いますね。 阿漕とは、このようにあくどい商売のことを指す言葉ですが、能にも阿漕を題材にした演目があります。 能の阿漕は悪どい商売とは少し意味合いが異なっていて、人間の業(ごう)の深 […]

  • 2021年8月29日
  • 2022年5月11日

狂言「二人大名(ふたりだいみょう)」のあらすじと見どころ

狂言は人間味あふれるユーモア満載の、楽しく鑑賞できる伝統芸能です。 狂言を見慣れていない人でも、ことばはわりと聞き取ることができますので、心配することはありませんよ。 狂言「二人大名(ふたりだいみょう)」のあらすじとみどころをご紹介します。 狂言「二 […]

  • 2021年6月18日
  • 2022年5月11日

竜王戦(将棋)の開催場所にセルリアンタワー能楽堂が使われる理由は?

映画「三月のライオン」を見てから、将棋界が気になっています。 竜王戦が近づくと新聞やテレビへの露出が増えますね。 ふと思ったのが、対局の開催地や会場はどうやって決めているのか? この記事では、竜王戦についてと、その開催地がどうやって決まるのかについて […]

  • 2021年6月8日
  • 2022年9月25日

観世清和氏 前妻とは離婚?息子は観世三郎太さん、能楽師として活躍中!

能楽師の先生は私生活がベールにつつまれているほうが、見るほうも想像力をはたらかせる余地があるので、個人的には妻や奥様のことはわたしは積極的に知りたいとは思いません。 でも、日本を代表する能楽の名門、観世流宗家の観世清和さんの妻について知りたいという要 […]

  • 2021年5月31日
  • 2022年5月11日

野村太一郎と野村萬斎は師弟関係、家系図は?野村万蔵さんを離脱・独立してよしもとと契約?

野村太一郎さんは、狂言界の若きホープ。 このところ活躍が目立ちます。 2021年に吉本興業と契約したことでも話題です。 この記事では、野村太一郎さんの活躍と野村萬斎さん、野村万蔵さんとの関係についてお伝えします。 野村太一郎さんの家系図、現在野村萬斎 […]