• 2024年1月18日
  • 2024年2月29日

月夜見宮で体験した不思議な出来事〜スピリチュアルで神聖な気が流れる伊勢神宮の別宮〜

住宅街の中にある伊勢神宮の別宮・月夜見宮(つきよみのみや)。 生活空間にごくあたりまえに伊勢神宮の別宮があるなんて、さすが神様のすむ土地、伊勢神宮の門前町ですよね! 月夜見宮は、外宮の端っこに控えめにひっそりと佇んでいます。 この記事では、月夜見宮で […]

  • 2024年1月14日
  • 2024年2月23日

【幸せは不幸の顔をしてやってくる】意味と経験談 試されているのは生き方

「幸せは不幸の顔をしてやってくる」 一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 皮肉なことに、幸せは近くにありすぎると気づきにくいもの。 一方、不幸に関してはセンサー感度が高いのが、人の常。 幸せと不幸は反対のものでありながら、実は切っても切れな […]

  • 2024年1月12日
  • 2024年1月21日

神がかりとは?意味と不思議な出来事、神託を授かった神主の話

神がかりとは、神様が人間に乗り移ることです。 神様のお告げを受ける神主にとって、神がかりとはよく経験する出来事だとか。 神様に仕える人が神主であり神職ですから、ときに神様が体に降りてきて神様のメッセージを受け取ります。 この記事では、神がかりとは何な […]

  • 2023年11月21日
  • 2024年5月1日

春画 浮世絵にみる男女の性の明るさ・あけすけさ|エロくてすごい江戸の世界観!

戦国時代が終わり平和が長く続いた江戸時代は、町人の文化が花開いた時代でした。 代表的なものが浮世絵です。 浮世絵は本屋や貸本屋で販売、レンタルされ娯楽・教養を求める庶民に人気を博しました。 のちに歴史に名を残す浮世絵師が大勢活躍し、春画も多く出回りま […]

  • 2023年11月3日
  • 2023年11月24日

狂言とは簡単に|はじめてでも楽しめる面白い演目 衣装・意味と有名なセリフも解説!

狂言は、もともと能とセットで演じられる伝統芸能ですが、こんにちでは狂言単体でも上演されることが多くなりました。 狂言師の野村萬斎さんや茂山逸平さんの活躍で、狂言に親しみを感じていらしゃるかたも多いかと思います。 狂言とは?お笑い?簡単に解説! 狂言と […]

  • 2023年11月3日
  • 2024年1月20日

あげまん女の特徴は?外見・性格 行動力があって仕事運を上げる!どうしたらなれる?

あげまんって聞いたことありますよね! 男性の運気を上げる女性のことを指して「あげまん」といいます。 内助の功ともいいますね。 この記事では、あげまんになる方法と、あげまんになれると相手だけでなく自分もしあわせになれる話をしたいと思います。 珠緒 って […]

  • 2023年9月24日
  • 2024年4月18日

折れない心のつくりかた 育て方|メンタルを強くする習慣・鍛え方・考え方

落ち込みやすい自分を変えたい、くよくよ悩む性格を変えたいと思っていませんか。 心も体と同じで鍛えることができます。 この記事ではメンタルを強くする習慣、考え方について書いています。 折れない心をつくる10の習慣・鍛え方・考え方 なくて七癖といわれるよ […]

  • 2023年9月18日
  • 2024年6月6日

器の小さい男|モラハラ夫 旦那の度量の狭さ 結婚してから気づいたら手遅れか?対処法はある?

人としての器が大きいか、小さいかは、主に男性に対して使われることが多いです。 器は、経営者の器、重役の器など、役職に見合う度量があるかという使い方もされます。 人としての器について、今回は、「器の小さい人」について見ていきましょう! 器の小さい男の特 […]

  • 2023年8月11日
  • 2023年9月10日

【五山送り火】意味と歴史 スピリチュアルな密教行事、宗派を超えたお盆の風物詩|豆知識|

京都の夏の風物詩、五山送り火は、いつ頃どのようにして始まったのでしょうか。 今や祇園祭と並んで観光イベントになっている五山送り火ですが、実は宗教と密接なつながりがあり、祈りの宗教行事であることは意外と知られていません。 この記事では五山送り火の意味と […]

  • 2023年8月2日
  • 2024年5月5日

招き猫体質 見た目あげまんオーラ!自分が入ると店が混むスピリチュアルな現象【仕事・金運もついてくる】

自分が入ったあとに、なぜか次々と人が入ってきて、気づけばお店は満杯。 わたしはこういった経験がわりとよくあるんですよね! 先日も、観光地でお昼に入った定食屋さん。 ひっそりとしたたたずまいの小さなお店が、急ににぎわってあれれ!!ってなりました。 実は […]