CATEGORY

人間関係

  • 2024年2月12日
  • 2024年6月6日

同族経営の舞台裏 ビッグモーターの失墜とジャニーズの消滅!対して星野リゾートが成功した理由!

同族経営の舞台裏、ビッグモーターの失墜とジャニーズの消滅。 一方で、星野リゾートはなぜ成功しているのか? 業界を揺るがす同族経営の謎に迫ります。 成功と失敗の分かれ道、その理由とは一体何なのでしょうか? 同族会社(家族経営)のやばい問題点3つ! 同族 […]

  • 2023年9月18日
  • 2024年6月6日

器の小さい男|モラハラ夫 旦那の度量の狭さ 結婚してから気づいたら手遅れか?対処法はある?

人としての器が大きいか、小さいかは、主に男性に対して使われることが多いです。 器は、経営者の器、重役の器など、役職に見合う度量があるかという使い方もされます。 人としての器について、今回は、「器の小さい人」について見ていきましょう! 器の小さい男の特 […]

  • 2023年1月12日
  • 2024年1月21日

人付き合いが面倒!更年期の友だちづきあいの悩み やめたらどうなる影響は?

人間は社会的動物です。 人と関わらなければ生きていけません。 そやけど、無理している人間関係や人付き合いは、しんどいですよね。 人付き合いをやめたいけど、やめどきがわからない、きっかけがほしい。 そんなお悩みをかかえている方もいらっしゃるでしょう。 […]

  • 2022年10月8日
  • 2024年3月15日

高圧的な上司の末路|上から目線の人は孤独・自滅の道! 価値観の押し付けに戦わず静かに反論

世の中には、人を小馬鹿にしたようなもの言いをする人、いますよね。 上司や同僚にこのタイプ、上から目線の人がいたなら、苦々しい(にがにがしい)思いをすることと思います。 わたしも上から目線の人に嫌な思いをさせられたクチです。   この記事では […]

  • 2022年6月18日
  • 2024年5月2日

家族経営の奥さんが嫌われる理由|経営に口出しして現場は混乱、経理で仕事してる気分 自己満足<迷惑です>

家族経営の奥さんが、いち従業員や役員として夫の経営する会社で働いているケースは、多いですよね、特に中小企業の場合。 この奥さんがなかなか、やっかいもので、 夫が経営する会社は自分のものであると考えているせいか、 事務用品のボールペン1本にいたるまで細 […]

  • 2022年5月7日
  • 2024年3月28日

家族経営 息子に甘い 公私混同でストレス限界!うんざり!【同族あるある】

日本にある会社のうち99.7%が中小企業です。   珠緒 ほとんどやん! そうなんです!パナソニックやトヨタなどの大企業はひとにぎり、あとはほぼ中小企業が日本の経済を動かしているのです。 中小企業には同族経営のイメージがつきまといますが、ま […]

  • 2022年5月2日
  • 2024年5月15日

社畜はなぜやめない?洗脳されて思考停止 1ミリの勇気があれば変われる!しがみつき飼い慣らされた末路は?

給料という甘い蜜で会社にしばられ、忠犬のように尽くす会社員を社畜とよびます。 この記事では、社畜が会社をやめない理由と、社畜あるあると末路について書いています。 社畜は洗脳されているから社畜である! 社畜は会社という小国のリーダーに洗脳された奴隷のよ […]

  • 2022年3月28日
  • 2023年1月13日

うわさ話が好きな人、女性は職場でなぜ噂話が好きなのか?【上手なかわし方】

職場や近所に一人はいる、うわさ話が好きな人。 昔から井戸端会議なんてことばもあるように、女性が集まると世間話が始まります。 現代の職場にもそれは受け継がれていて、人のうわさ話をする女性はあることないことを広めます。 迷惑な存在ですよね。   […]

  • 2022年3月8日
  • 2024年3月15日

人によって態度を変える人 女性心理と特徴・対処法!職場で鼻につく打算的な態度モラハラ

人はみな、誰にでも同じように接するわけではありません。 接する相手によって態度を変えるのは、相手に応じた適切なコミュニケーションのかたちであり自然なことです。 このように、人によって態度を変えるのは、コミュニケーションを円滑にしようとする「良い意味」 […]

  • 2021年11月3日
  • 2024年3月15日

揚げ足を取る人の末路|職場で上司の指摘がうざい!細かすぎる!これってパワハラでは?

どこの職場にもいる揚げ足をとる人 ちょっとした言い間違いや言葉尻をとらえて、鬼の首でもとったように突っ込んでくる人いますよね〜 揚げ足をとられたら、もやっとしますよね。   この記事では、揚げ足をとる人の末路と隠れた心理、対処法についてお伝 […]