嫌いな人が気にならなくなる方法|精神衛生上心を乱されない生き方

生理的に「この人苦手!」そのような人はいませんか。

おそらく多くの人が経験があることだと思います。

苦手な人と出会ってしまったとき、どのようにしたらストレスを回避できるのでしょうか。

この記事では、苦手な人、嫌いな人との付き合い方について書いています。

嫌いな人に伝えるべきこと!

人は性格もさまざまですから、馬の合わない人、嫌いな人がいるのは当然のこと。

でも、現実問題となると、嫌いな人との関わり方に悩んでしまうこともあるでしょう。

 

仕事でソリの合わない人と一緒のチームになったり、共同で仕事を進める場合はちょっとつらいですよね〜

嫌いな人であっても一緒に仕事をしなければならない場合は、どんなところが嫌いななのかをはっきりさせて相手に伝えましょう!

 

そのとき、人格を否定するのではなく、行動を改めてほしいと伝えることが大切です。

嫌い、苦手と思うのは、その人の人格ではなく(まれにそのケースもありますが)

行動や態度であるkとおが多いからです。

 

たとえば、時間にいつも遅れてくるなら、ビジネスでは時間を守ることは鉄則だと伝える。

チームワークでプロジェクトを進めているのに、自分が目立つことばかりするのでチームがまとまらないなら、全体をみて動いてほしいと伝える。

 

嫌いだと思っていた人もこちらからの働きかけに意外とすんなり応じてくれるかもしれません。

気づきを得て相手が態度を改めるかもしれません。

 

人は変えられないと言いますが、そうではありません。

チームの仕事に支障が出る点をはっきり伝えることで、相手が気づく場合だってあります。

 

こちらからの働きかけで態度を改めてくれるレベルの人であれば、嫌いな人と思っていたけれど、人が嫌いなのではなく、態度や行動が嫌いだったのかもしれません。

 

嫌いな人が気にならなくなる方法

でも、嫌いな人の中には、波長が合わないので話が噛み合わない。

そんな人もいると思います。

どうにも波長が合わない人は、宇宙人だと思って正面からまともに相手にしないのがいちばんです。

人間だと思えば腹も立ちますので、分かり合えない人種だと思って接することです。
気軽に読めて心がラクになる、ツイッターで話題沸騰のマンガはこちらから↓

苦手な人と出会ってしまったときはこう切り返す

わたしはうるさい人が苦手です。

自分のことばかりしゃべるでしゃばりで利己的な人が苦手です。

そんな人の言うことは、話半分にも聞きません。

あいづちも打ちません。

自分が苦手な人と出会ってしまい、この先もその人と関わって生きていかなくてもよいのであれば、その人との間に厚い壁を立てて自分を守ります

この方法で心を乱さずにすみます。

 

ちょっと飛躍した例えですが、車を運転していて乱暴な割り込みや追い越しをされたとしましょう。

そんな人にわざわざ反応するのは損なので、腹を立て立てたりせずに素知らぬそぶりでマイペースを死守します。

あおり運転など危険ですが、あおられてこちらがカーッとなっては損を見ます。

しれっと無視、無視するのがいちばん。

危険な火の粉が降りかからないように、災いにはこちらから除けます。

 

わたしは以前八方美人でしたがすっぱりとやめ、人生経験を重ねてこの方法に行きつきました。

人からどう見られているかを気にしなくなってから、自分軸で生きられるようになり、苦手な人、嫌いな人とも距離を保ってつきあえるようになりました。

嫌いな人を反面教師に!

世の中にはさまざまな人がいますから、自分に合わない人、嫌いな人は一定数存在します。

それはしかたのないことです。

嫌いな人と出会ってしまったら、反面教師にして学びに生かします。

自分はあんなふうにはならないよいにしよう!

そんな心がけも嫌いな人から教えられたのだととらえれば、嫌いな人に出会ったのも無駄ではありません。

 

八方美人をやめるについては、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

誰にでもいい顔をする人を、揶揄して八方美人と言いますね。実ははわたし、ほんの数年前まで意識はせずとも八方美人でした。会社員時代は、愛想よくふるまうほうが仲間ともうまくやっていける、と思っていました。同僚や先輩、上司に[…]

八方美人

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!

いろんなタイプの人間がいます。

考え方ひとつで、心は楽になります。

 

気軽に読めて心がラクになる、ツイッターで話題沸騰のマンガはこちらから↓