職場ではビジネスライクに徹して仕事に集中!人間関係を築く必要はない!

職場とは仕事をする場所ですが、避けて通れないのが人間関係です。

これまでわたしは数社を渡り歩いてきました。

勤め人として経験を積ませてもらったおかげで、今はフリーで仕事をしています。

ここまでくるには胃に穴が開くほどの思いも経験してきました。

この記事は、人間関係に疲れている人に私の経験がお役に立てれば、という思いで書いています。

職場は仕事をするところ、人と無理に親しくしなくてよい!

新しい環境に身を置くとはじめのうちは、誰しも張り切ってしまいます。

早く仕事を覚えよう!

職場の人とうまくやっていこう!

職場
職場は仕事をする場所だが、避けて通れないのが人間関係

先輩や同僚から、趣味や出身地など聞かれたらふつうに話をするかもしれません。

でも、ちょっと待って!

これが結構危険ですよ〜

最初からプライベートは話さないほうが自分の身を守ることになります。

 

会社とは仕事をする場所です。

その人がどこに住んでいて、何が好きで、どんな生活をしているか私生活は関係ないのです。

 

仕事で成果が出せればそれでよいのです。

職場では友だちを作る必要はありません。

親しくなる必要はありません。

 

合わせて読みたい

会社員なら誰しも、一度や二度、会社に行きたくないと思ったことはあるでしょう。 会社とは仕事をしてお金をいただくところですが、人間関係を抜きに考えることはできません。 会社で仕事をするということは結局のところ、人間関係をうまくやり[…]

手帳

 

心を開いたら、お局いじめにあった話

わたしは、中途入社で入った職場で、最初のうちこそ周りから親切にしてもらいましたが

3か月と経たないうちにお局いじめに悩まされるようになりました。

 

お局は最初の頃は親切でした。

わたしも親切な先輩だなと思って、慕って(したって)いたほどです。

 

一緒に得意先回りに同行させてくれたり、ランチに誘われたらご一緒しました。

 

ところがじわじわと、これってもしかしていじめ??って思うようなことが始まり

1年後にははっきりといじめを自覚しました。

 

自分ではなんでいじめられたのかわからなかったのですが

わたしの八方美人な態度がお局の鼻についたのかもしれない、と今となっては思います。

 

みんなに好かれようとして、その頃のわたしは八方美人でした。

今はもう八方美人をやめました。

八方美人をやめた話については、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

実はわたし、ほんの数年前まで八方美人でした。 会社勤めをしていたときは、八方美人のほうが仲間ともうまくやっていける、と思っていました。 でも、そのせいで自分を追い詰めていたのです。 会社を辞めてから、誰にでもいい顔をするの[…]

八方美人

 

お局からいじめられてビジネスライクを意識するようになった

お局のいじめはその後もエスカレートしていきました。

わたしは仕事が楽しくなってきたときだったので、まだやめることは頭になかったのですが

それからの職場での人間関係は、最低限の会話に徹していきました。

ビジネスライクな関係を意識するようになりました。

これからはプライベートを話しすぎるのはやめよう、と誓いました。

 

お局はわたしが楽しそうに仕事をしているのを、うらやましいと思っていたようです。

はっきり言われました

「珠緒さんが楽しそうに仕事をしているのが、うらやましい」と。

実際、その頃のわたしは、仕事をすることが楽しくて仕方がなかったのです。

プライベートもそこそこ充実していたし、仕事は楽しいし、人生楽しい〜〜って顔で生きていたんです。

それがお局のしゃくにさわったというわけですね〜

ベストセラーにもなった岸見一郎さんの『嫌われる勇気』で救われた!

そんなとき救われたのは、ベストセラーにもなった岸見一郎さんの『嫌われる勇気』。

本の中にアドラー心理学で有名なアルフレッド・アドラーの言葉が出てきました。

自分を嫌う人がいるということは、自分が自由に生きていることの証なのです。

今のわたしの心の状態を代わりに言ってくれているようで、激しく共感しました。

 

人は人、わたしは誰に遠慮することもない!

それからまもなく、この苦しい人間関係から抜け出したいと考えるようになりました。

人間関係で悩んでいる人に言いたいです。

あなたが嫌われているのはあなたのせいではありません、

あなたが楽しく生きているから人がねたんでいるだけなのです

この本は、わたしに環境を変える勇気も与えてくれました。

転職を決意しました!

職場の人間関係とは基本的にめんどくさいもの、女の職場は要注意!

1日の大半を一緒に過ごす職場の仲間。

ともすれば、もうひとつの家族とか、そんな幻想にとらわれることも珍しくありません。

会社の経営理念としてそういった指針があることも否定しません(わたしには理解できませんが)。

 

お局いじめを経験してからは職場の人間関係はビジネスライクに徹することを心がけていました。

悩む女性
自分は自分、仕事は仕事と割り切っていても、劣悪な環境にストレスが増す

あくまで職場は働く場所

趣味のサークルでも、仲良しグループでもありません。

特に注意が必要なのは、女性の多い職場。

仕切りたがりやだとか、オツボネだとか、女性特有のタイプが幅をきかせています。

女性とはやっかいな生き物。

誰かを攻撃することでしか存在証明を得られない人はかわいそうな人だと思ってやり過ごしましょう。

あとプライベートは話さない、開示しないことも大切です。嫉妬をかうことになりますから!

仕事をとプライベートはきっちり線を引く

会社とは仕事をする場所です。

会社で友だちをつくる必要はありません。

仕事は仕事と割り切って、プライベートはきっちり分けましょう。

雑談でプライベートに介入されそうになったらさりげなく席を外すか、話題を変えてしまいましょう!

女の雑談ってやつは放っておくと果てしなく続きますからね!

 

職場ではビジネスライクに徹し、会社以外では、親しい友人以外の人への接し方はドライに徹します。

 

そもそも大切な友人なんて数は多く必要ありません。

人間関係が複雑になればなるほど、気疲れし神経すり減らします。

むやみやたらと人間関係を広げないのも、人間関係に疲れ果てないために大切です。

 

転職は繰り返す?

よく、どこに行っても人間関係はつきもの、転職してもまたそこで人間関係に苦しむのは同じ
といいますが、そんなことはありません。

ステップアップ
転職はステップアップするチャンス!

新たな環境に身を置けば、前とは違った人間関係があります。

人間関係は労働環境やそこで働く人たちによって作られるのですから、環境が変われば、人間関係も変わります

どんな人間関係が待っているかは、入ってみないとわかりませんが、ビフォー環境が最悪であればあるほどアフター環境は、まだましと思えるから不思議です。

転職は逆にステップアップのチャンスです!

退職を決断するとき未来が開ける!

対応策はとってきたけれど、これ以上我慢できない!

自分を殺してまで、会社にしがみつく理由が見いだせない

そんなふうに思ったら、転職を考えてみるときかもしれません。

未来
環境を変えると新しい未来が待っている

ひとつ捨てれば、新しい世界が開けます。

世界は思ったより広いことに気づくはずです。

前向きなチャレンジで新たな世界を切り開いていきましょう。

 

わたしは退職後に家の中もバッサリ断捨離して、新しいくらしと仕事を手に入れることができました。体験談はこちらにまとめています↓

合わせて読みたい

断捨離したい!モノにかこまれてくらすのはきゅうくつだ〜 日々の暮らしにまぎれ先延ばしにしていても、気になってはいませんか? わたしが本気で断捨離をしたいと思ったのは、人生の第3ステージをむかえ 身の回りを軽やかにしておきたいと思っ[…]

夢を手に入れる

 

出会いたくない人と出会いそうになった「縁が切れるサイン」。そのあと二度と出会うことはありません↓

合わせて読みたい

人とのご縁は一生続くものもありますが、成長やステージとともに変化していくものです。 ある時期に親しくしていた人と何となく疎遠(そえん)になったり 遠く離れてもことあるごとに連絡をとっている友人 ご縁というものは、自分でコントロ[…]

ハサミで糸を切る

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!