お金の使い方には価値観・生き方が表れる|品性ある綺麗なお金の使い方

「あの人は金払いがよい」

「あの人はケチだ」

お金の使い方で人を評価する場面は、よくありますね。

この記事では、お金の使い方には価値観・生き方が表れるお話をまとめました。

お金の使い方には価値観が表れる

食費や光熱費を除いた趣味などに使うお金には、個人の趣味嗜好といった価値観が表れます。

 

たとえばラグジュアリーな高級旅館に年1回行くことを楽しみにしている夫婦がいたとしましょう。

高級旅館のデザインやインテリア、そこだけで楽しめるアクティビティ、お料理や雰囲気まるごと含めた世界観をたのしむために、出かけます。

非日常を味わいたくて。

高いから泊まりたいのではなく、高くても泊まりたい魅力があるからなのです。

 

なにも高級旅館でなくとも、1回の金額を抑えたら、年に2回旅行ができるでしょう。

この考えは、ラグジュアリーな高級旅館に泊まる価値観を持っている人に通用しません。

回数を多く行きたいのではなく、ラグジュアリーな高級旅館の世界観にひたるために旅行に行きたいのですから。

ラグジュアリーな体験、非日常の空間に身を置き、心身ともにリフレッシュすることで、明日からの仕事をがんばる活力になるでしょう。

満足をお金で買う、という価値観です。

 

お金の使い方には生き方が表れる

お金の使い方は、投資・消費の文脈でよく語られます。

区分消費投資
時系今現在将来
性質快楽・欲望資産・育てる
性格刹那的・一時的長期的・育成
旅行・外食・観劇・コンサート など自己啓発セミナー・習いごと・エステ・脱毛サロン・株式投資・投資信託 など
ただし、消費か投資かは、明確に区別できないことも多い。旅行は行動面では消費としても、心の栄養になる面では投資とも言える。その人の価値観にもよるので一概に言い切れないことも多い。

 

たとえば、外食を例にとりましょう。

結婚記念日にフランス料理を夫婦で楽しんだとします。

外食は、消費か投資かに当てはめると、通常は消費でしょう。

しかし、結婚記念日に夫婦の絆を再確認し、おいしい料理に会話もはずみ、お互いへの感謝を持てるのであれば、

夫婦関係の潤滑油、将来もこの良い関係を継続していくための「投資」ともいえると思います。

 

反対に、今日はごはんつくるの面倒くさいから外食にしよう。

面倒くさいというネガティブな理由から、安易に外食にした場合、使ったお金がもったいない、と感じてしまうはず。

この場合は今を刹那的(せつなてき)にやり過ごすためにつかった「消費」です。

 

消費と投資とは、はっきりと区別できるものもあれば、そうでないものもあります。

 

「消費」としての今現在の楽しみの外食だったとしても、

そこから学べることはないか、と貪欲になると、「投資」としての種をみつけることができる、とわたしは考えています。

外食で食べた料理を家庭料理に応用するのも、立派な投資です。

洋食屋さんの牛肉100%ハンバーグが肉感ボリュームありおいしかったから、今まで合い挽き肉だったけど、今度は我が家でも牛肉100%でハンバーグを作ってみよう、とか。

 

旅行を例にとると、ただ楽しむため消費や体験だけでなく、現地で見聞きした知識を自分の中にストックすることで、未来にいかす学びとなるでしょう。

 

どのような生き方をしたいか、人生を実現させたいのかで、お金の使い方に生き方が表れます。

品性あるお金の使い方

品性あるお金の使い方とは、気持ちよくお金を使う、出すことです。

言い換えれば金払いがよいともいいます。

 

たとえば、飲み会で割り勘で支払いするとき、お酒が飲めないのに、飲める人と同じ金額を出すのは損、と出し惜しみする。

損得勘定でものごとを考えると、せっかくの楽しい雰囲気を壊してしまいますね。

品性ある人は、こんな場面で、さっと割り勘以上の金額を出し、わたしいっぱい飲んだからこれでね!と多めに払います。

 

お金に執着する人の末路 幸せに逃げられる?【天下の回りものは良い循環させてこそ生きる】

合わせて読みたい

突然ですが心理クイズです。アウトレットで洋服を買ったあと、他のお店でもっとすてきな洋服を半分くらいの価格帯で見つけたときあなたは? 損したと思う もっと比べてから買ったらよかったと後悔する すでに買ったものは、[…]

ひまわり

 

お金は天下の回りものと言われるとおりで、寄付をすることも相手に心が届くといわれています。

※新興宗教への多額の寄付が社会問題になっています。多額の寄付は身を滅ぼしますのでご注意ください。

ここでいう寄付はたとえば子どもがお世話になった幼稚園や大学など教育機関への志(こころざし)のことです。

わたしは、子どもが無事成長して、自己を確立する幼少期にしあわせな幼稚園時代を過ごしたこと

10代後半から20代はじめ、多感な年ごろを過ごした大学に、身の丈の、感謝を表す金額を寄付しました。

これからもずっと、子どもたちの巣立った学校が続いてほしいと願って。

 

きれいなお金の使い方

品性あるお金の使い方にも共通することですが、お金をキレイに使うことは、特に人づきあいの場面で心がけたいことです。

お祝いごとには、出し惜しみしない。

おめでとうの気持ちで喜んで心から出す。

人づきあいのお金はあとからもう少し包めばよかったと悔やんでもやり直しができません。

何も多くお金を出すということではありません。

この金額ならと思える納得できるお金を、気持ちよく包み差し上げ、贈ります。

お金の使い方は経験からしか学べない

たくさん失敗して、死金を使った経験は無駄にはなりません。

 

若い頃は見栄を張りたくてブランドもののバッグと洋服で固めていた!

ギャンブルに注ぎ込んだけど、損しただけだった!

親のスネをかじって趣味の楽器を買ったけど、モノにならなかった!

整理整頓が悪くて、間違ってお金をゴミ箱に捨てたことさえある!

 

お金をドブに捨てた!死金だった!その経験こそが、こらから生き金を使うことに生かされるのです。

どのような生き方をしたいのか、未来予想図をイメージして、有意義なお金の使い方をしてください。

 

【お金は生き物・エネルギー】 感謝の心で循環させると自分の器も大きくなる!

合わせて読みたい

お金の使い方、支払い方からは、その人の人格が透けて見えます。試しに、上司や同僚とのみに行ったとき(昨今のコロナ情勢では事情が許さないとは思いますが)、支払いをどうするか、を観察していれば、その人のお金に対する哲学がわかります。[…]

お金と貯金箱

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!