お金はエネルギー|循環させるとスピリチュアル的に自分の器も大きくなる!

お金の使い方、支払い方からは、その人の人格が透けて見えます。

試しに、上司や同僚とのみに行ったとき(昨今のコロナ情勢では事情が許さないとは思いますが)、支払いをどうするか、を観察していれば、その人のお金に対する哲学がわかります。

お金に好かれるためには、どのような心がけでいたらよいのでしょうか。

この記事では、お金の払い方、しあわせになるお金の使い方についてお知らせします。

お金はエネルギー、循環させるときは感謝をこめて気持ちよく

ガーベラ
お金をわたすとき、払うときは気持ちよく渡す。ありがとう、おめでとう、ポジティブな気持ちで払おう。やがては自分にも返ってくる。

お金に好かれるためにだいじなことがあります。

それは、金払いの良い人になるということ。

金払いのよい人になることは、信用を高めることでもあります。

金払いがよいと、金遣いがあらいとは、違います。

金払いがよいとは、いさぎよく払うもったいないとか未練がましいことをいわずにきっぱり払うという意味です。

 

たとえば、税金や国民年金保険料、社会保険料などを支払うとき。

どっちみち支払わなければならないものなら、気持ちよく払うほうがお金も喜びます。

その見返りに、わたしたちは社会保障を受けられるのですから。

いやいや払ったお金は必ず、どこかでひずみが生まれます。

 

給湯器の修理をしてもらったとして、予想よりも高かったとしても、値切ったりせずスマートに払います。

直ったんだから、気持ちよく払いましょうよ。

 

あと、ご祝儀の場合も同じ。

お祝いごとなんですから、お祝いは気持ちよく渡しましょう

こういったとき、もったいないとか、損をするなどと考えてお金を包むと、その気持ちは伝わりますよ!

 

世の中は持ちつ持たれつです。

払わなければならないお金は、早く、気持ちよく払う、がお金に好かれるために大事なことです。

お金はエネルギー、スピリチュアルな力が宿る!

花束
ありがとう、お世話になっていますの気持ちを込めて、大切な人にギフトを贈ろう!気持ちはかたちにして表すことが大事です。

ご祝儀の話とも関連するのですが、お金は人に喜んでもらうために使うと、お金の価値が生きてきます。

たとえば、友人やお世話になっている人にちょっとしたギフトを贈る。

その人の好きなものを想像しながら、品物を選ぶ時間は豊かな時間です。

「気は心」といいます。

大切な人に、ちょっとしたプレゼントをすると、とても喜んでもらえますし、結びつきも深くなります。

お金を上手に使うことで、相手と自分の心の距離も近づけてくれます。

お金とは何か?

お金は生きていくために必要なものです。

食材を調達するにも、洋服を買うにも、家に住むにもお金がかかります。

お金なしには一日も暮らしていくことはできません。

 

1万円でしたら1万円の価値があります。

お金そのものには額面の価値しかなく、持っているだけなら1万円持っているというだけのことです。

 

その1万円を何かほかのものに替えるときに、お金の価値が発揮されます。

このようにお金は価値を交換するためのツールに過ぎません。

お金のエネルギーは、流れを止めずに回すことで自分に返ってくる?

マーガレットの花
お金とはエネルギー。生き金にするならプラスのエネルギーが、死金にはマイナスのエネルギーが宿る。

お金を人の体にたとえると、血液のようなもので、血液が循環しなければ細胞は死んでしまいます。

お金も同じで、社会に循環させないと経済が停滞してしまいます。

 

金は天下の回りもの といいますが、お金は人から人へと世の中を回り回って、自分のところにやってくるのです。

多くの人の手を介して、エネルギーをためてやってくるのです。

だから自分のところにやってきたときは「いらっしゃいませ」

等価交換で支払うときは、「ありがとう」

お金に対して心の中でお礼をいいます。

 

お金の出し方、払い方で人格が出るといわれますが、まさにそのとおりです。

財布の中をきちんと整理して、いつも余裕のある金額を財布に入れている人。

財布を持たず、くしゃくしゃのお金をズボンのポケットに入れている人。

お金の気持ちになったとき、どちらの人のもとに行きたいと思うでしょうか。

見栄で使ったお金は、自分のためにならない

蘭の花
お金のあるなしは人に見せびらかすものではない、自分が納得して使うもの。

見栄っ張りの人、いますよね〜

たとえばブランドものが本当に欲しくてお金を使う場合と、見栄だけで使う場合を考えてみましょう。

本当に欲しい場合は、30万円の高価なバッグだったとしても、その人にふさわしいたたずまいを醸し出して、よくお似合いでしょう。

バッグを手に入れるために、お金を準備して、ふさわしい人になろうと努力しますから。

見栄を張るため親の金で買わせた場合、または愛人に買ってもらった場合は、自分の財布は痛んでいませんから、とってつけたような浮いた姿が想像できます。

金持ちのボンボンが親のすねをかじって、高級車を乗り回しているとロクなことにならないのはこのためです。

 

お金のエネルギーは、器を選ぶ?

当せん金の振り込み
通帳に1億円の当せん金が振り込まれた!ここからが不幸の始まりとならないよう、意思を持ってお金とつきあうことが大事。

お金がエネルギーである以上、人には受け止められる器とそうでない器があります。

ちまたにあふれている、宝くじ高額当選で不幸になる話。

お金がエネルギーである以上、なんら不思議な話ではありません。

 

基本的に宝くじを買う人は、ラクして大金がほしい人です。

(働いて、人に喜びや価値を提供してお金を得ることのありがたみを知っている人は、宝くじなんて買いません)

そんな人が一夜にして何億ものお金を得ると、お金のエネルギーに負けてしまうのです。

ふだんから億単位のお金を所有したことがなく、お金に対する免疫ができていない人が一生かかっても使いきれないほどの大金を持つと、大きすぎるお金のエネルギーに圧倒されます。

エネルギーをコントロールする判断力を失ってしまいます。

どうして使おうか、何に使おうか、消費することばかりを考えてしまいます。

で、無計画に贅沢三昧(ぜいたくざんまい)したあげく、破産!

とてもわかりやすいですね!

実はよくある話です!

 

合わせて読みたい

みなさんは宝くじを買ったことはありますか。 わたしは一度も買ったことがありません。 ところがひょんなことから販売員として販売ボックスに入り、宝くじを販売した経験があるのです。 この記事は、わたしが半年間、宝くじ売り場から見[…]

宝くじ

 

お金は人格を持っているのです。

無計画に使う人のもとから逃げたい、とどまりたくない!

そうして億単位のお金は、次の持ち主のところに流れていきます。

お金は人格を持っている、ふさわしい器になるために

ありがとうの気持ち
お金とのつきあい、収入も支出もありがとうの気持ちを込めてつきあう。

お金は人格を持っています。

大事にしてくれる人のもとに集まります

 

今、あなたが仕事で得ている収入(お給料・報酬)は、「ありがとう」をいわれたお礼なのです。

より多くの人から「ありがとう」をいわれるようになったら、今よりも収入が増えるでしょう。

ありがとう=入ってくるお金 と考えれば、もっと多くのありがとうを言われたいから仕事をがんばる。

もっと多くの人に喜んでもらえる仕事を作り出す。

そんな考えができますね。

損得勘定ばかりしていないで、人に喜んでもらうためにプロとして努力していると、お金の器も大きく育ちます。

 

 

お金とうまくつきあってハッピーな人生を!

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!