お金の切れ目が縁の切れ目|退職・離婚にみる縁の終わり方の事例

金の切れ目は縁の切れ目と、昔から言われます。

お金と縁とはどんな関係にあるのでしょうか。

お金の切れ目は縁の切れ目なのでしょうか。

この記事では、金の切れ目が縁の切れ目と言われるわけについて考えてみます。

お金の切れ目は縁の切れ目か?

お金の切れ目は縁の切れ目、これは本当でしょうか?

金を貸せば友を失う、ということわざもあります。

貸したお金は戻ってこないものと心得よ、とよく言われますね。

親しい間柄でもお金の貸し借りには慎重になるべきです。

 

事実、友人が起業する際に、連綴保証人になったばかりに債務(借金)を身代わりしたなどという事例は、小説や映画の世界にはごまんとあります。

連帯保証人の欄にサインするときは、よくよく考えてからにしてからにしたほうがよいでしょう。

もしものときは、サスペンス小説が一冊書けるほどの苦労を背負うことになるかもしれません。

 

金の切れ目は縁の切れ目だと、わたしも強くそう思います。

お金とは何か?

お金と貯金箱
お金と貯金箱

お金の切れ目が縁の切れ目と言われるのは、大部分が当たっています。

なぜなら、お金とは、信用をかたちにしたものだからです。

 

商品を購入するとき、お金を払いますよね。

お金とは等価交換のツールです。

食料品を購入するときはその購入価値に見合った金額をスーパーに、洋服を買ったときにはその代金を洋服屋さんに支払います。

 

取引をするときにお金を支払うのは、あたりまえのことです。

というか、

お金がからまない取引などありません。

慈善事業でもない限り、資本主義社会では、取引にお金はつきものです。

 

極端な例をあげると、万引きは、犯罪です。

なぜなら、支払わなければならないお金を支払わずに、物品だけ手に入れるのですから等価交換のおきてに反しています。

だから、万引きすると窃盗罪で刑罰が与えられるのです。

 

お金とは生きていくために必要な等価交換の手段です。

目に見えない信用や人格や能力をお金という紙で、社会に示しているのです。

お金の切れ目が縁の切れ目である事例:退職

退職届を手渡しする
退職届を手渡しするタイミングは見計らうことが大事!

お金の切れ目が縁の切れ目である事例のひとつが、退職です。

退職する理由は、定年、転職、解雇、などがあげられます。

 

定年まで勤め上げて晴れて退職。

これまでの奉職のごほうびとして退職金が支給されます。

このお金は、これまでの苦労をねぎらってくれる意味があります。

お金の流れは退職金を持って終わり、会社との縁は終わりますが、文字通り会社に奉仕した長年の感慨がよい縁の終わらせ方となることでしょう。

 

では、転職した場合はどうでしょうか。

余談ですが、転職理由でもっとも多いのは、人間関係なんだそうですよ!

会社で働くということは、時間とスキルを会社に売って給料をもらうという雇用契約です。

転職することで、雇用関係は終わり、お金の流れも途絶えます。

ともかく、会社を辞めるとうことは、何らかの理由があってのこと。

その縁が終わるということで、お金の流れも途絶えます。

解雇された場合も同じく、労働契約が終わるのですから、お金の切れ目が縁の切れ目となります。

お金の流れが途絶えたら、縁が終わるのです。

お金の切れ目が縁の切れ目である事例:離婚

離婚の場合は、もっとわかりやすいです。

離婚協議では、慰謝料や財産分与、養育費などが取り決めされます。

好きで結婚した二人でも、価値観の相違などで離婚に至ってしまった場合、お金を抜きに離婚することは難しいのです。

なぜならお金とは、生きていくためのツールであり、明日から住む場所を探すにもお金がないと借りられません。

取り急ぎお金が必要になります。

子どもたちの親権は妻の私が持ちます。

子どもたちが大学を卒業するまでの養育費は、きちんと払ってね。

話し合いでお金の約束をして、晴れて二人は離婚します。

 

お金の切れ目が縁の切れ目とは、よく言ったものですね

お金とはエネルギーなので、流れを止めずに循環させているうちは縁も運んできてくれますが、一旦流れが止まってしまうと、縁も終わってしまうのです。

 

離婚に関してのお金でいえば、一緒に暮らすのは無理だと感じた夫婦は別れることを選んだ。

お金や財産を分けて、子どもは妻が引き取って離婚。

子どもたちへの養育費の支払いが終わったら、その先のお金の循環はない。

その時点で夫婦は本当の他人になれるのかもしれません。

 

お金はエネルギーについては、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

お金の使い方、支払い方からは、その人の人格が透けて見えます。試しに、上司や同僚とのみに行ったとき(昨今のコロナ情勢では事情が許さないとは思いますが)、支払いをどうするか、を観察していれば、その人のお金に対する哲学がわかります。[…]

お金と貯金箱

 

お金は労働の対価か?ありがとうをいわれた数がお金の価値である!

合わせて読みたい

お金は働かなくては稼ぐことができません。お金は労働の対価である。これ、中学校の社会の教科書に載っています(おそらく)一部には不動産や株式投資など働かずして資産を増やす不労所得もありますが、元手となる資金は、何らかの労[…]

給料

 

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!