社畜はなぜやめない?洗脳されて思考停止【末路とあるある】

給料という甘い蜜で会社にしばられ、忠犬のように尽くす会社員を社畜とよびます。

この記事では、社畜が会社をやめない理由と、社畜あるあると末路について書いています。

社畜は洗脳されているから社畜である!

お金を踏みながら横断歩道を渡る
生活のため、行きたくない会社に向かう思い足取りの人々

社畜は会社という小国のリーダーに洗脳された奴隷のような存在です。

会社とは、外部の力が及ばない独立国家のようなもの。

世間の常識が通じない、閉ざされた小国です。

 

そんな会社に1日8時間もどっぷりつかり、外の世界から隔離されて仕事をしていると

あたりまえでない規則もあたりまえに思えてくるからこわいのです。

つまり、一種の洗脳状態に脳がもっていかれるのです。

この世界ではこれが常識なのだ、と。

 

社畜はほぼイエスマンです!イエスマンについてはこちらに詳しく書いています

合わせて読みたい

上司に従順に従う人をイエスマンと言います。上司の命令をよく聞き、上司からかわいがられるのがこのタイプの人。でも、従順な部下(イエスマン)は、会社にとって落とし穴にもなることを知ってください。この記事では、イエスマンが[…]

イエスマンで固められた会社

 

このように人間の脳は、自分に都合のよいように考えてしまうクセがあります。

 

珠緒 
洗脳された時点で社畜化しているのですが、それを認めない気づかないふりをしてやり過ごしているのですね。

社畜はなぜやめない?洗脳のおそろしさ!

 

社畜は洗脳されているので、理不尽なことがあっても言いたいことをグッとのみこみ、上司の命令に従います。

上司の命令は絶対、忠犬がご主人様に尽くすように、無理な要求でもがんばってしまうのです。

だまされているのにだまされていないと思い込み会社に尽くします。

 

閉ざされた狭い世界にしばられていると、まわりが見えなくなります。

会社の常識は世間の非常識であるにもかかわらず、環境にどっぷりつかりここが居場所だと錯覚します。

 

社畜を飼い慣らしている会社は民度が低いことが多いのです。

民度(レベル)の低い職場の特徴についてはこちらに詳しくまとめています

合わせて読みたい

民度って、聞いたことありますか?職場や地域の文化や行動の水準、モラルのことです。民度が低い職場で働くと、どうなると思いますか?民度が低い会社で働くと、自分が腐ります。新しい挑戦ややる気が失せ、つまらなく人生の[…]

挑戦

 

錯覚どころか、社畜化してしまうと自分の会社に誇りを持っている社畜さえいます。

社畜は社長に気に入られて(実際はあやつられているだけ)おり、会社にとって君が必要だと常に洗脳のシャワーを浴び続けています。

やめたくてもやめられない社畜の事情

いつも、辞めたいやめたいと口癖のように言っている人ほど、いざとなったらやめません。

やめたい気持ちはあるけれどやめられない理由があるのです。

  • 社畜の自分に酔っている
  • 転職するきっかけがつかめない
  • 自分がいないと会社が回らないと思っている
  • 転職して次の仕事が見つかるか不安
  • あきらめている

 

一つずつ見ていきましょう。

社畜の自分に酔っている

仕事が好きで、馬車馬のように働けることにしあわせを感じている。

自分は会社に尽くしているという自負があり、そんな自分に自分で酔っている。

やめるきっかけがつかめない

会社をやめるには、自分の中で区切りがついたときが多いですよね。

そんな決定打がないまま、ずるずると勤務しているので、きっかけがつかめない。

自分がいないと会社が回らないと思っている

勤務年数が長くなると、会社の内部事情に精通しており、会社の主(ぬし)になっている。

変な責任感から、自分は会社にとって必要な人間だと自信を持っている。

会社が居場所、会社が家庭よりも自分らしくいられる場所である。

転職して次の仕事が見つかるか不安

これ意外と多い気がします。

いざ辞めたところで、次の職場が見つかるかという不安から、ずるずるとい続ける。

でも案外、辞めてみるとなんとかなるもんですよ!

あきらめている

会社は給料を稼ぐ場所だと割り切ってあきらめている。

洗脳されている社畜とは一定の距離を置き、自分は社畜ではないオーラをかもそうとしているが、しょせん社畜に変わりはない。

社畜あるある


会社が気になって土日出勤してしまう

社畜は、無意識に自分でも気づいていないあるあるが態度に出てしまいます。

やめる、やめると言うわりには、一向にやめない
土日も会社の携帯を肌身離さず持ち歩き、会社ラインを見返してしまう
長期の休みを持て余す
休み明けの月曜日が待ち遠しくてしかたがない
趣味が仕事、会社が趣味
自分が社畜であることに気づいていない
残業するとアドレナリンが出る
でも実は、生気を失った目をしている

社畜の末路

社畜の末路は、飼い慣らされた結果、定年まで勤め上げ社畜人生を終えます。

定年後の再雇用で、再び社畜人生をスタートさせる人もいます。

今は70歳まで働く時代ですからね。

 

逃げたくても逃げられないカゴの中の鳥は、外の世界に出て初めてあれは社畜という名の奴隷だったと気づくのです。

そのときにはもう就活できない年齢になっているだなんて、おそろしい末路ではありませんか!

今、この記事を読んでくださったあなたは、

まだ余力が残っているうちに見切りをつけて次の展開に進まれることをお祈りしています!

 

【パワハラで退職しても仕返ししてはいけない理由】負のエネルギーをプラスに変える!

合わせて読みたい

パワハラで退職したとき、仕返しをしてギャフンといわせてから辞めてやろう気持ちはわかりますが、そんな考えはおすすめしません。この記事では、パワハラで退職したときかしこい大人はどうするかについて書いています。最後[…]

コワーキングスペース