家族経営の奥さんが嫌われる理由|経営に口出しして現場は混乱、士気が下がる!

家族経営の奥さんが、いち従業員や役員として夫の経営する会社で働いているケースは、多いですね。

特に中小企業の場合。

この奥さんがなかなか、やっかいもので、

夫が経営する会社は自分のものであると考えているせいか、

ボールペン1本にいたるまでで細かいチェックが入ったり、

やたら経費削減を叫んだりとか

現場にとって経営者の奥さんが目の上のたんこぶになっているケースは散見されます。

この記事では、なぜ経営者の奥さんは会社に関わるのか、嫌われる理由について書いています。

家族経営の奥さんが経理をするのはなぜか?

経理のイメージ
家族経営の会社では奥さんが経理担当になっているケースが多い

経営者の奥さんが経理をする例は、中小企業でよくある事例です。

会社のお金の出入りをにぎっておくのが経営者の奥様の仕事だと思っているのなら、それは大きなまちがいです。

なぜなら、会社のお金は家庭のお金とは性質のちがうものだからです。

 

ボールペン1本、消しゴム1個という細かいお金を重箱の隅をつつくように監視されると、現場は息が詰まります。

100円、200円を節約させるのが、経理の仕事ではありません。

会社に家庭の金銭感覚を持ち込まれると、その感覚が邪魔になることが多いのです。

 

そのくせ、家族会議と称したステーキやさんでの食事代をしれっと経費で落としているのを見たときは、あきれましたね!

要するに、人の経費に関してはうるさいが、身内に甘い家族経営あるあるです。

家族経営あるある、公私混同にうんざり!身内に甘い!については、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

よく会社を小国に例えて、一国一城の主人(あるじ)なんていいますがまさにそのとおりで会社は経営者の持ち物、そこには、経営者独自のルールが存在します。日本の会社の99%は中小企業。珠緒ほとんどやん!こ[…]

契約のイメージ

経営者の奥さんが本来するべき仕事とは?

電話のイメージ
電話対応は会社の顔、お客様と会社をつなぐ大事な役目

経営者の奥さんには、お客様との接点である電話受付をしてもらうのが本来ならいちばん適しているでしょう。

たとえるなら歌舞伎界では(唐突ですがたいへん参考になる例です)歌舞伎役者の妻は裏方に徹して家を守りますよね。

梨園の妻である三田寛子さんのように、お得意先へのあいさつまわりやチケットの手配というように裏方で力を発揮してもらうのです。

 

会社の縁の下の力持ち的な仕事といえば、電話対応。

電話対応は、お客様と企業をつなぐ最前線の仕事です。

IT化が思うように進んでいない中小企業では、電話はすなわち会社とお客様とをつなぐ生命線です。

受注の電話ほどありがたいものはありません

クレームの電話からも改善すべき点が見つかるでしょう

経営者の奥さんには、お客様の特徴やお悩み、困りごとを毎日の電話からつぶさに観察してもらいましょう。

お客様の特徴を知ってどうしたらもっと良くなるのか、リピートしてもらえるのか

お客様満足度と会社の発展に力を注いでもらうのは理にかなっていると思いますがいかがでしょう。

家族経営の奥さんは経営に口出しするからうざい!

チェックリストのイメージ
細かい点までチェックするのは経営者の奥さんの本来の仕事ではないはず!

経営者の奥さんはおそらく無意識に、家庭の金銭感覚を会社に持ち込みます。

しかし、ここに大きな落とし穴が!!!

家庭の家計をやりくりすることと、会社のお金を回すことは、別ものです。

会社のお金は、将来を見すえた新規プロジェクト(可能性)にお金をかけるかどうかを見極めるいわば投資なのです。

将来性のある事業に投資するのか、

それとも方向転換するのか

規模の大きなお金を動かすのが、会社の経営です。

そこに家計の感覚を持ち出すと、方向性や方針がブレます

 

経営者の奥さんはどうしても会社を家庭の延長の視点でとらえてしまいます

自分の家族が経営する会社なのですから、ある程度しかたのないことだとは思います。

でも!会社は家庭の延長でもなければ、経営者の私物でもありません

 

ビジネスとして、家庭とはきっちり線を引くのが、事業を発展させるためには大切です。

経営者の奥さんが家計的金銭感覚で会社の経営に口出しされると、現場は疲弊します。

家族経営の奥さんはやりたい放題、我が天下でうざい!

経営者の奥さんは重役出勤で、従業員より出勤時間が遅いのも常です。

終業も従業員より早く終わります。

そのくせ、給料は一人前もらっていたりしますから、従業員はおもしろくないわけです。

 

従業員より遅く出勤するのなら、その理由を説明していますか?

我が天下だと思ってはいませんか。

従業員はみな、見ていますよ。

腹(はら)の中では、おもしろく思っていません。

家族経営の奥さんは中途半端に会社に関わるな!

雇用契約書のイメージ
雇用契約書。経営者の奥さんが中途半端に会社に関わるくらいならかかわらないほうがマシ。関わるなら雇用契約書できちんと書面化する?役員とかになっていたらそれもできない?

経営者の奥さんは、会社にかかわるのなら従業員と同じように雇用契約を結ばせるべきです。

家族経営のなれないで、規則もないまま働かせるのは、従業員の手前もよくありません。

出勤時間や有給休暇、業務の裁量など取り決めをして、立場を明確にしておくのがよいでしょう。

 

以前勤務していた会社では経営者の奥さんが、

重役出勤で朝は10時ごろの出勤、

日によって午後から出勤

毎日こない

など、日によってまちまち。

進みかけの案件も、経営者の奥さんのGOサインがないと次にすすめず、仕事がとどこおる原因になっていました。

しかも、出勤日を自己申告するでもなく、次はいつ出社するのかわからない。

なぜ、特別扱いなんだ!!と現場はおもしろくなかったですね。

 

経営者の奥さんは中途半端に会社に関わるくらいならかかわらない方がよっぽどマシ

関わるのであれば、中途半端にせず社員と同じように、いえそれ以上に働かないと、現場が混乱したり士気が下がります、マジで!!

家族経営の奥さん、人格者とはこんな人!

経営者の奥さんでも、中には人格者の人もいます。

これは本当にレアなケースなのですが、世界の山ちゃん社長の山本久美さん。

創業者の夫、山本重雄さんが急死したあと、会社を引き継いで社長になりました。

 

夫が亡くなるまで山本久美さんは経営者の妻として、会社にはかかわらず家庭を守っていました。

なぜ、家庭人だった山本久美さんに従業員は、会社を守れるのは山本久美さんしかないと言ったのでしょう?

 

世界の山ちゃん社長の山本久美さん、奥さんから凄腕経営者へ!そのワケについては、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

世界の山ちゃんは、鳥の手羽先が人気の居酒屋チェーン。名古屋を中心に関東、関西にも出店している、風変わりな鳥男の看板のお店です。創業者社長の山本重雄さんは2016年、59歳で急逝(きゅうせい)されました。後を継いだのが[…]

チューリップ

 

陰日向(かげひなた)になって支えるとはこんな人をいうのだと、わたしは思います。

従業員は、会社には顔を見せていなかった社長の奥さんの山本久美さんに絶大なる信頼を寄せていました。

表には出ないけど陰で従業員のこと、会社のことを気にかけていたことを知っていたからです。

会社の様子は夫である山本重雄さんから聞いて、陰ながら夫、会社を支えていました。

 

余計な口出しをして、従業員そっちのけの経営者の奥さんだったら、そうはいかなかったでしょう。

まとめ:家族経営の奥さんはまず信頼関係を築くところから!

家族経営の奥さんが嫌われる理由はズバリ、中途半端に会社に関わっているからです。

遊びの延長のような感覚で会社に来ている家族経営の奥さんも、中にはいます。

家族経営の奥さんが会社に関わるのなら、経営者の奥さんというプライドを捨てて覚悟を持つ必要があります。

逆に従業員に教えてもらうくらいの謙虚な気持ちでいないといけません。

上から目線は絶対にいけません。

誰よりも早く出社し率先して掃除して、従業員と一丸となり会社を伸ばしていこうという気概(きがい)を見せていくことです。

人は命令では動きません。信頼関係があってはじめて人は動きます。

経営者の奥さんはまず、従業員との信頼関係を築くのが先決だと、わたしは思います。

 

家族経営の経営者の奥さん、会社はあなたの写し鏡です。

どうか従業員が働きやすい環境を整えてあげてください。

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!