CATEGORY

能・狂言

  • 2020年9月7日
  • 2021年1月30日

カタルシス効果あり!悲劇の能が心を浄化させる話

あなたはストレスがたまったとき、どんなふうにして解消しますか? お酒をのむ 映画やテレビをみる 友人や知人とおしゃべりする ストレス発散にもいろいろな方法がありますが、「泣く」とことはため込んだ「毒」を涙と一緒に外に出しデトックス効果があるといわれて […]

  • 2020年9月4日
  • 2020年11月19日

京都の能楽堂【河村能舞台】座席、キャパは?アクセスは?

河村能舞台は普通の住宅に能舞台がある! 河村能舞台は、京都の町中の一見普通の住宅にあります。家の中に能舞台があります。能楽堂ではないので、能舞台としているのでしょうね。 私は20年以上も前はじめて伺ったとき、入り口が普通の住宅だったので、中に能舞台が […]

  • 2020年9月4日
  • 2020年11月19日

太郎冠者のセリフ「心得ました〜」は間合いが絶妙!【狂言の楽しみ】

みなさんは狂言をごらんにならはったことはありますか〜? 狂言は今でいう漫才のようなものです。 登場人物は主人と太郎冠者(たろうかじゃ)」の2〜3人、笑いととんちを繰り広げるドタバタの伝統芸能です。 漫才のようにかけあいで進む狂言ではしばしば、お決まり […]

  • 2020年9月3日
  • 2021年5月10日

「初心忘るべからず」本来の意味は?世阿弥が込めた思いとは?

初心忘るべからず 入学式や入社式で一度は耳にしたことがあることばではないでしょうか。 初めて取り組むときの初々しい気持ちを持ち続けなさい。そんなふうに覚えている人も多いかもしれません。 しかし、「初心忘るべからず」にはもっと深い意味があったのです。 […]

  • 2020年9月3日
  • 2021年5月24日

能舞台の松に込められた深い意味とは?竹も描かれているのはなぜ?

能舞台には松が描かれていますが、どんな意味があるのでしょう。 この記事では、能舞台にある松の意味と、能舞台の歴史、独特の工夫やしかけについてもお伝えします。 能舞台にはなぜ松が描かれているの?鏡板って何? 能舞台の正面に座ると、奥に大きな松の絵が目に […]

  • 2020年8月30日
  • 2021年5月23日

能面が怖いのはなぜ?能面をつける意味と命を宿す女面

能を見たことのない人でも、能面は目にしたことがある人がほとんどやと思います。 能面と聞いてどんなもんをイメージされますか? たぶん、代表的な女面ではないでしょうか。 うりざね顔におちょぼ口、空(くう)を見据えたような視線。 神秘的な笑みを浮かべ、人間 […]

  • 2020年8月27日
  • 2020年11月19日

能楽堂のコロナ対策、鑑賞のしかたはこう変わった!【石川県立能楽堂編】

石川県立能楽堂では7月18日、約5か月ぶりに能楽の上演が再開しました。能楽ファンとして毎日WEBをチェックしながら、この日が来るのを待ちに待っていました。 私は8月1日と8月15日の「観能の夕べ」を鑑賞したのですが、コロナ対策で観劇のしかたや入場の手 […]

  • 2020年8月26日
  • 2020年11月19日

能狂言の敷居は高くない、まず能楽堂に足を運んでみよう!

能・狂言って興味はあるけど、見方がわからへん 一回観てみたいけど、でもなんだか難しそう どこに行ったら見れるんやろ〜?? 初めて観る人にとって敷居が高そうな能・狂言。 でも、心配はいりませんよ。 私も初心者から入り、回数を重ねることで今では能・狂言の […]

  • 2020年8月24日
  • 2020年11月19日

太郎冠者とは狂言でどんな人物?怠けものだが憎めないキャラクター!

狂言といえば笑いの芸能、太郎冠者(たろうかじゃ)が大活躍、大奮闘する喜劇です。太郎冠者が仕える大名屋敷で起こる小さな出来事を、皮肉とユーモアたっぷりに描きます。 太郎冠者とはどんな人物で、背景にはどんな事情があるのでしょう。この記事では、狂言の盛り上 […]