能舞台にしかけられた音響効果|床下の甕(かめ)とは?

能舞台は屋内にあるのに屋根がついていたり、松が描かれていたりと、驚くしかけがたくさんあります。
見えない場所ではありますが、床下には甕(かめ)が埋まっています。

この記事では、能舞台の床下にしかけられたかめの効果についてお伝えします。

能舞台の床下の甕(かめ)を模型で確認

能・狂言の上演ではマイクはいっさい使いません。

声の大きさでいえば狂言師はよく響く大きな声を出しますが、能舞台にも声をより響かせる工夫がされています。

その工夫とは、床下に甕(かめ)が埋められているのです。

能舞台の模型
能舞台の床下にはかめが埋められている

かめの空洞に音が集まって、より大きく響かせる効果をねらうとともに、余計な周波数の音を吸収する効果もあるそうです。

模型で確認、床下の甕(かめ)

実際に能楽堂や能舞台の床下を見学するのは難しいので、模型で確認してみました。

模型は江戸時代、加賀百万石を治めた前田家が手厚く保護した金澤能楽堂です。

かめは、主役・脇役・囃子方・地謡、それぞれの場所に埋められています。

全部で11個と結構な数が埋まっています。

甕(かめ)は石川県珠洲市で昔から焼かれていた珠洲焼きです。

能舞台のかめの説明板
能舞台のかめの説明板

 

なるほど、かめで音響効果を高めるとは昔の人の知恵はすばらしいですね!

 

合わせて読みたい

能舞台には松が描かれていますが、どんな意味があるのでしょう。この記事では、能舞台にある松の意味と、能舞台の歴史、独特の工夫やしかけについてもお伝えします。能舞台にはなぜ松が描かれているの?鏡板って何?能舞台の正面に座ると、奥に大[…]

石川県立能楽堂の能舞台
合わせて読みたい

能舞台には、普通の劇場と違って独特のかたちがあります。橋掛かりも、能舞台ならではの装置のひとつです。この記事では能舞台の橋掛かりのもつ意味と使われ方についてお伝えします。能舞台の橋掛かりのもつ3つの意味橋掛かりは演者が入退場[…]

能舞台の模型

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!