能の演目には季節がある 春夏秋冬の演目一例をご紹介

能の演目200曲ほどのうちほとんどは物語に季節が設定されています。

この記事では春夏秋冬に上演される能の演目を、例としてご紹介します。

新年に上演される能の演目

翁(おきな)

能楽成立以前の特殊な演目です。

能にして能にあらずといわれる、能が今のかたちになる以前の儀式性を残しています。

年初めの新春のほか、能楽堂の竣工などのおめでたい場でも上演されることがあリます。

合わせて読みたい

かねてより一度は観たいと切望(せつぼう)していた能・翁を観てきました。 この記事では、翁の鑑賞記をお届けします。 【能・翁初鑑賞記】感想と見どころ 揚幕(あげまく)から行列をなして現れた演者の列。 出だしからしていつもの能の演目とは[…]

『翁』を演じる観世清和氏 ※出典 BS日テレ『祈りのかたち 皇居外苑特別公演』
能面・翁と黒式尉
能面・翁と黒式尉

春の季節に上演される能の演目

西王母(せいおうぼ)

中国の故事に題材をとった作品。

国王が国民のためのまつりごと(正しい政治)を行ったので、三千年に一度花をつけると言う桃の花が咲いた。

精霊であるという女が、国王の正しい政治をたたえて、桃の花を献上する。

後で、桃の実も捧げると言い残し、天に消えてゆく。

やがて、桃の実を携えた西王母(せいおうぼ)が現れ、国王に桃の実を献上する。

一つ食べれば、3000年の長寿を得ることができると言う。

宴(うたげ)となって、西王母(せいおうぼ)は舞い、最後は天に帰っていくのだった。

桃の花
桃の花

 

珠緒
愛にあふれた桃色のストーリーです
群れ女
桃色って?
珠緒
色に例えるならってこと。悲劇要素まったくなしのおめでたさ満開のストーリーですよ❤️

物語の核は、国土安泰国土発展です。

おめでたくて縁起の良いストーリー。「羽衣」とも共通する夢見心地の気持ちよさを味わえる演目です

西王母(せいおうぼ)のかぶる冠(かんむり)や、桃の花、桃の実の小道具も美しく、見て楽しめる演目です。

秋の季節に上演される能の演目

葵上(あおいのうえ)

加茂の祭りで六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)は恋人・光源氏の正妻・葵上(あおいのうえ)に屈辱的(くつじょくてき)な仕打ちを受けた。

車争い(くるまあらそい)である。

恨みをはらそうと、六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)は生き霊(いきりょう)となり葵上(あおいのうえ)に取り憑く。

病(やまい)で寝込む葵上(あおいのうえ)に六条の御息所(ろくじょうのみやすどころ)は恨みを語り、もっと苦しむがよい〜〜と呪いの言葉をかける。

牛車
加茂の祭礼での車争いで六条御息所は屈辱を受けた
珠緒
女の嫉妬は怖いな〜  そやけど、六条御息所が車争いで受けた屈辱、わからんでもないわ〜
群れ女
生き霊ってたちが悪いっていうしな><

演目名は「葵上」ですが、実際に葵上は登場せず、病気で寝込む様子を折り畳んだ着物で表現しています。

削ぎ落とされた抽象化が能の特徴ですが、大胆なまでの抽象化は逆に見ているものをその世界に引っ張る力を秘めています。

みなさまご存じの源氏物語を題材にした演目です。

冬の季節に上演される能の演目

小鍛冶(こかじ)

京都の刀職人・小鍛冶宗近(こかじむねちか)は公家(天皇に仕える貴族)から、国の命運がかかった何でも切れる剣(つるぎ)を作るよう命じられる。

名剣を打つには、腕の良い弟子が必要だ。

剣は、師匠と弟子とが息を合わせて交互に打つ。ここから「相槌を打つ」の言葉が生まれた。

しかし、自分に勝るとも劣らぬ腕を持つ弟子が思い当たらない。

悩んだ末、京都伏見稲荷大社にお参りし、神様の助けを得ようとする。

そこに現れたのは、神の化身(けしん)。

助けてやるから、剣打ちの準備をして待っておくようにと告げて消える。

小鍛冶宗近(こかじむねちか)のもとに、稲荷明神の化身が現れ、小鍛冶の弟子となって力を合わせ名剣を作り上げる。

伏見稲荷大社
伏見稲荷大社

 

珠緒

後半の舞と派手な衣装に目が釘付けになったわ〜

 

神様(稲荷明神)が人間の弟子となって、御加護を与える話です。

神がかった能面と見応えのある衣装(装束)、ダイナミックな舞で、緊迫感あふれる舞台です。

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!