CATEGORY

能・狂言

  • 2020年9月27日
  • 2021年3月24日

能の演目おすすめと種類|有名な「羽衣」「隅田川」「安達原」初心者にも!

能の演目は現在、250曲ほどあります。 それらのほとんどが室町時代に書かれたもので、当時の世相を知る生きた資料となっています。 その中の140曲ほどが現在でもよく上演されています。 能を初めて見ようとしてチケットをとるとき、できれば演目を選んで見るの […]

  • 2020年9月18日
  • 2020年11月19日

善竹富太郎さん持病はなかった?コロナで訃報!狂言界にとって惜しい人失くす

狂言師の善竹富太郎(ぜんちくとみたろう)さんの訃報を知ったのは、2020年6月4日の読売新聞でした。 コロナウィルス感染拡大前の2月、国立能楽堂で上演された演目をNHK「にっぽんの芸能〜太郎冠者」で見て、善竹富太郎さんのおおらかな演技が脳裏に焼きつい […]

  • 2020年9月13日
  • 2021年3月21日

能面 翁に隠された意味と祈りの心、黒い翁もあるのはなぜ?

能は神様に捧げるものですが、中でも特に神聖なものとされている特別な能があります。 演目「翁(おきな)」です。 演目「翁(おきな)」で使われる能面は、その名も翁(おきな)。 満面の笑みをたたえた、能面でも珍しい笑顔の面で、能の演目翁(おきな)を演じると […]

  • 2020年9月11日
  • 2021年4月3日

能楽師の有名人!野村萬斎、和泉元彌以外にも観世流、宝生流は能の名門!

能と狂言の役者さんをあわせて能楽師とよびます。 絶賛のうちに放映が終了した長瀬智也さん主演のテレビドラマ「俺の家の話」では能楽の家元が舞台になりました。 能楽師で有名な役者さんといえば、野村萬斎さんがまず思いつきますね。 この記事では、能狂言の有名な […]

  • 2020年9月10日
  • 2021年2月1日

おかめのお面は能面とどう違う?おたふくとの違いは?

おかめといえば、福々しい下ぶくれのお面で、関東に本社のある納豆のキャラクターにもなっていますね。 おかめはどことなく能面と共通した雰囲気を感じませんか? この記事では、おかめと能面との違い、お多福との違いについてもお伝えします。 おかめと能面との違い […]

  • 2020年9月9日
  • 2021年2月28日

狂言の演目で初心者におすすめは?附子、棒縛りはわかりやすくて笑える!

能にくらべてわかりやすいといわれる狂言ですが、初めて見るときは、できればわかりやすい演目を見たいもの。 狂言のおもしろさがわかり、狂言の世界により興味が出てきますよ! この記事では、狂言を初めて見る方にもおすすめの演目をご紹介します。 狂言の有名な演 […]

  • 2020年9月8日
  • 2021年1月29日

能面に隠された秘密とは?驚くべき豊かな表情をもつわけは?

無表情といわれる能面ですが、目を凝らしてすみずみまでながめてみると、意外な工夫がされていて驚きます。この記事では能面に隠された秘密と、喜怒哀楽の表現の工夫についてお伝えします。 表情の豊かさは、女優の幅を広げる 俳優さんの中には不幸顔といわれる女優さ […]

  • 2020年9月7日
  • 2021年1月30日

カタルシス効果あり!悲劇の能が心を浄化させる話

あなたはストレスがたまったとき、どんなふうにして解消しますか? お酒をのむ 映画やテレビをみる 友人や知人とおしゃべりする ストレス発散にもいろいろな方法がありますが、「泣く」とことはため込んだ「毒」を涙と一緒に外に出しデトックス効果があるといわれて […]

  • 2020年9月4日
  • 2020年11月19日

京都の能楽堂【河村能舞台】座席、キャパは?アクセスは?

河村能舞台は普通の住宅に能舞台がある! 河村能舞台は、京都の町中の一見普通の住宅にあります。家の中に能舞台があります。能楽堂ではないので、能舞台としているのでしょうね。 私は20年以上も前はじめて伺ったとき、入り口が普通の住宅だったので、中に能舞台が […]

  • 2020年9月4日
  • 2020年11月19日

太郎冠者のセリフ「心得ました〜」は間合いが絶妙!【狂言の楽しみ】

みなさんは狂言をごらんにならはったことはありますか〜? 狂言は今でいう漫才のようなものです。 登場人物は主人と太郎冠者(たろうかじゃ)」の2〜3人、笑いととんちを繰り広げるドタバタの伝統芸能です。 漫才のようにかけあいで進む狂言ではしばしば、お決まり […]