やいとをすえる(お灸)は関西弁!祖母とのやいとの思い出

50代になると、不思議なことに子どもの頃の思い出がふと浮かんでくる瞬間があります。

今回はやいと(お灸)のお話です。

ちなみに「やいと」とは「お灸(きゅう)」のことで、「やいとをすえる」は関西弁だそうです。

関西弁と意識せんと、ふつうに使ってたわ〜

この記事ではやいとにまつわる思い出と、やいと(お灸)の効果について書いています。

やいとをすえられた、祖母との思い出

子どもの頃、おばあちゃんの家に遊びに行って、いとこたちが大集合すると、うるさく騒いでよく祖母におこられた。

そんなとき、おばあちゃんは、「悪い子にはやいとすえるで〜」とおどした。

やいとはちくっと熱くて、あの感覚が子どもへの罰として最適だったのであろう。

祖母はやいとすえたら良い子になる、などと言いながら、わんぱくのいとこ(男)にすえていた。

 

本来やいとは、民間療法で、体調不良などに効くらしい。

そんな効きめなど、どうでもよかった。

やいとは熱くてちくっとして、子どもにとってはおしおきだった。

 

わたしは、一緒に暮らしていた祖母に一度だけやいとをすえられた記憶がある。

体が丈夫になるさかいやいとすえたげる、といわれて。

わたしは小さい頃、あまり体が丈夫ではなく、よく風邪をこじらせていた。

やいとの痛みはちくっと肌に突き刺さる痛みとなって、わたしの記憶に残っている。

お灸(やいと)の効果はどうだったのか?

幼かったので、わたしはやいと(お灸)の効果はよくわかっていませんでしたが、

その頃、大人たちはやいとを日常的にすえていました。

 

子どもだったわたしは、あんな熱いものをよく喜んでするなぁ〜と思ったものでしたが

大人たちは、黙って耐えるように、それでいてまんざらでもなさそうに

やいとをすえていたのでした。

痛いながらも、心地よい刺激だったのでしょうか。

 

やいと(お灸)は、血行をよくし、免疫力や代謝を高めてくれる効果があるようです。

大人になった今、改めてお灸に興味が出てきました。

お灸はツボにすえると効果がある!

ちくっとした痛みと熱さで、子ども心にはおそろしかったやいとですが

熱くないやいと(お灸)も出ています。

お灸は東洋医学の考えに基づいた民間療法です。

ドラッグストアで手軽に購入できますので、試してみたくなりました。

ツボにすえると効果があるようです。

 

仕事柄、肩こり、首のコリに悩まされているので、お灸、今度やってみます!

 

合わせて読みたい

日本海味噌のcm『雪ちゃんの唄』は半世紀にわたり親しまれてきた知る人ぞ知るcmの名曲です。 知る人ぞ、と条件つきなのは、このcmが限定エリアでしか放映されていないからです。 日本海味噌の地元、富山を中心とした北陸、関西、東京圏で[…]

日本海味噌のパッケージ

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!