「NO MORE映画泥棒」がリニューアル!カメラ男の中の人は誰?

映画館で上演直前のタイミングで流れるモラル啓発の「映画泥棒』の公共CM。

一度見たら忘れられないインパクトがありますね。

2020年7月にリニューアルした新作では、ついにカメラ男とパトランプ男が映画館を飛び出しました。

この記事ではNO MORE映画泥棒の新作について、調査しています。

NO MORE映画泥棒がリニューアル!映画館を飛び出した!

2020年7月、リニューアルされて5作めとなる映像が公開されました。


よく見ると、映画館から逃げ去るときは手にポップコーンを持っていますね。

 

ご存じ、「映画泥棒」の公共CMは、映画館でしかも上演のすぐ前に流されます。

前作のパントマイムの体くねくねバージョンに親しんでいたので、今回のリニューアルがアクションシーン満載で驚きました。

これまでの謎めいたパントマイムから一転、路地裏など所狭しと街を逃げ回り、さながらアクション映画のワンシーンのようです。

 

なんでも、監獄に入っていたけれど、広報活動の功績が認められ、早期釈放されたという設定。

しかし、悪いくせはそう簡単には直らず、また同じ罪を重ねてしまうのです。

映画館で映画を盗んだのですね。

NO MORE映画泥棒の登場人物

映画ドロボーに出てくるキャラクターは4種類です。

かぶりもので特徴を擬人化(ぎじんか)する手法は、パッと見てわかりやすく、これまであまり目にすることのなかった演出で新鮮でした。

限られた時間内で伝えることが要求されるCMに、わかりやすさは大切です。

カメラ男 → 映画ドロボー

パトランプ男 → 警察

ポップコーン男 → 観客1

ジュース男 → 観客2

全員、男性ですね!

カメラ男のアクションがすごい!中の人は誰?

前作までは映画館で隠し撮りをするバージョンでした。

カメラ男がパントマイムで体をくねらせる動きをしていました。

中の人はダンサーの人が入っていました。

5作めとなる新作は、空中宙返り障害物をヒョイとよけ軽やかに逃げる

カメラ男の華麗な身のこなしがかっこよく、犯人ということを忘れて見入ってしまいます。

このアクション映画並のカメラ男の中の人は、アクション俳優でしょうか?

いえ、アクション俳優なら、素顔で出演したいのでは、と思います。

もしや、スタントマンでは?

カメラのかぶりものをしてあのスピードで障害物をかわしながら走るのは、スタントマン以外にできない気がします。

超人技ですよ!

調べたところ、都内に事務所がある 芸能スタント事務所 スタントチームGocoo(ゴクゥ) というスタント事務所でした。

芸能スタント事務所が「映画泥棒」撮影協力!

カメラ男は、足が細く手足が長くスタイル抜群、それを追うパトランプ男も、なかなか

 

珠緒
どんな人が入っているんやろ〜 きっと若くてかっこいい男性やろな〜

リニューアルした映画泥棒アクション編は、カメラ男とパトランプ男のスピード感あふれるバトルが楽しめる

映画モラルをわかりやすく伝え、独自の世界観を築き上げました。

 

珠緒
エンターテイメント性を持たせた作品ですよ、もはや!

映画ドロボーのCMはわかりさすさが魅力!

単純明快(たんじゅんめいかい)なストーリー簡単明瞭(かんたんめいりょう)なキャラクター設定

映画泥棒のCMはわかりやすさが魅力です。

擬人化の妙で、映画倫理を印象付けたところが、一定の効果を生んでいるのでは。

そんな認知度の上昇からテレビ出演のオファーもあるようですが、ミッションである「映画撮影は悪」がかすんでしまうのでテレビには出ない姿勢をつらぬいています。

ただし、ツイッターでの発信には意欲的です。

映画ドロボーのCMはどこが制作している?

「映画泥棒」は、映画関連4団体で構成する「映画館に行こう!」実行委員会が配信しています。

制作は株式会社ロボット、映画監督は耶雲哉治 (やくも さいじ)さんです。

耶雲哉治(やくも さいじ)さんは、踊る大捜査線のオープニング映像やキリンビールなど有名どころのCMも手がけています。

「NO MORE映画泥棒」の映画監督は、初代からずっと務めています。

これまでの作風とは違う第5作、まだご覧になっていないならぜひ映画館でご覧ください〜

結構楽しめますよ〜

 

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!