祈りは届く|人のしあわせのためにできること

初詣にいくとあたりまえのように、家内安全、無病息災を神様に祈ります。

たとえば地震や台風の被害がテレビに映し出されていたとしても、すぐに現地に飛んで行くことのできないわたしには、祈ることしかできません。

この記事では、祈りは届くのかについて書いています。

祈りは届く!

友人を病院に見舞ったときでした。

もともと明るい彼女ですが、突然の大病で気弱になっているのではと心配しながら病室を訪ねたとき

思いのほか元気そうな様子にほっとしました。

そのころ彼女の周りでは、つらいことが続いていました。

私だったら星回りを恨みたくなるようなそれほどの状況でしたが、大病をわずらっているとは思えないような笑顔に、逆にこちらが救われた思いでした。

今思えば、彼女なりの思いやりだったのでしょう。

病室に訪ねてくれて、暗い顔をしていたら、わざわざ来てくれた友人に失礼だと。

私の祈りを受け止めてくれていたからこそ、明るい顔を見せてくれたのです

今は病を克服して、元気にしている彼女、わたしの大切な友です。

なぜ祈りが届かないのか?

「試験に合格しますように」と祈る一方で、「もし落ちたらどうしよう・・・」という不安を持ってしまうことはよくあります。

祈りについて、「量子科学」の研究者、田坂広志氏は著書『運気を磨く』で述べています。

ちなみに「量子科学」を一言でいうと、物質を最小単位に分けた「量子」が空間で干渉しあって予想できない動きをするという学問です。

「祈り」とは、

手を合わせて祈っている間の想念が「祈り」なのではない。

本当は、心の奥深くに常に存在する想念こそが

最も強い「祈り」になってしまうのである。 

※『運気を磨く〜心を浄化する三つの技法〜』 田坂広志 著 光文社 2020

つまり、試験に合格しますようにの裏にある、落ちたらどうしよう・・・というネガティブな思いが大きくなっていき、ネガティブな出来事を引き寄せてしまうというというのです。

ものごとには、おもてとうらがありますので、願望の祈りは注意が必要だと述べられています。


 

この考え方、わたしはとても納得できます。

本当はしあわせになりたいのに、悪いことばかり考えてしまう。

そんなことが昔はよくあったからです!

 

人間は狩りの時代から、身を守るために危険を察知する能力が長(た)けていました。

「遠くで獲物が私たちを狙っている声が聴こえる!!危険だ!!逃げなければ!!」

音を聞き分け、危険をいち早くキャッチし身の安全を守り、生き延びてきた背景があります。

不安を感じるネガティブ思考は生きる知恵だったのです。

究極の祈りとは?

田坂広志氏は著書『運気を磨く』で続けます。

狩猟時代からのネガティブ思考をもって祈っても、ネガティブに支配されてしまう。

究極の祈りのかたちは、「全託(ぜんたく)の祈り」である、と。

すべてをたくして、不安要素も全部追っ払い、

導きたまえ」とシンプルに祈る。

何だか簡単でシンプルでいいですね〜

これだとネガティブが顔を出しませんね〜

詳しくは、田坂広志氏の著書『運気を磨く〜心を浄化する三つの技法〜』を読んでみてください。

能は祈りの芸能!

日本には、祈りの芸能があります。

それは、「能」です。

650年以上続いてきた能はもともと、五穀豊穣(ごこくほうじょう)や国土安寧(こくどあんねい)を願う、宗教行事と結びついて発展してきました。

今でも能の演目『翁(おきな)』は一種の神性を帯びた、祈りのかたちを今に伝えています。

ぜひ一度、祈りの芸能 能 をご覧いただきたいと思います。

満面の笑みをたたえた、能面でも珍しい笑顔の面で、能の演目翁(おきな)を演じるときだけ使われる特別な能面です。白い翁と黒い翁があり、それぞれに意味が違いますが、どちらも人々の幸せを祈る面です。能楽師は翁の面をつけることで神に姿を変えます。

合わせて読みたい

能は神様に捧げるものですが、中でも特に神聖なものとされている特別な能があります。演目「翁(おきな)」です。演目「翁(おきな)」で使われる能面は、その名も翁(おきな)。満面の笑みをたたえた、能面でも珍しい笑顔の面で、能の演目翁[…]

能面・翁と黒式尉

能にして能にあらずといわれる翁、見たらその理由がわかりました!舞台で面をつける、着替えもする、舞台には正装した役者が勢揃い!いつもの能の演目とはまったく違った演出で、おめでたさ満開です。猿楽の名残を色濃く残した「翁」必見です。

合わせて読みたい

かねてより一度は観たいと切望(せつぼう)していた能・翁を観てきました。この記事では、翁の鑑賞記をお届けします。【能・翁初鑑賞記】感想と見どころ揚幕(あげまく)から行列をなして現れた演者の列。出だしからしていつもの能の演目とは[…]

『翁』を演じる観世清和氏 ※出典 BS日テレ『祈りのかたち 皇居外苑特別公演』

神社では祈る?願う?

ところで祈りと願いの違いって何だと思われますか?

祈りとは

祈りとは、家族や子ども、他人のために、純粋な心で神様にお願いすること。

人のために祈るとき、そこには愛やいつくしみの心がともないます。

つまり、自分の願望ではなく、人の幸せを願う見返りを求めない心です。

自分の願いを叶えるために祈ることももちろんOKです。

そのときは、願いを叶えるために努力する必要があります。

自分の行動目標を宣言して、見守っていただくよう神様にお願いするのです。

「〇〇を〇〇しますので、〇〇の願いが叶いますように見守っていてください」

というように。

願いとは

人間は、物欲、所有欲、食欲、さまざまな欲望があります。

しかし、願いごととは、欲望を満たすために神様に願うことではありません。

こうなったらいいなぁ〜

こんな家に住みたいなぁ〜

希望的観測のようなものです。

だから基本的に願いとは神様に願うものではありません。

行動を変えていくことで願いを実現するのは自分です。

神様は、努力しない人に「棚からぼた餅」は与えてくれません。

祈りの力が世界を変えますように

天災、災害、地震、台風。

多くの災害に見舞われている現代。

被災した人の気持ちは当事者にしかわかりません。

せめてわたしは遠くから祈ることしかできません。

「祈り」で日本が世界が少しでもよくなりますように。

東日本大地震から10年めの今日、2021.3.11 祈りをこめて

 

人生の折り返し地点を過ぎた今、ときどき走馬灯のように経験したシーンが浮かぶことがあります。人生は思ったより短いものです。一度の人生、後悔なく有意義にするには目標を設定することで、充実した時間を!

合わせて読みたい

人生が短いなんて、20代の頃には考えもしませんでした。人生の折り返し地点を過ぎた今、ときどき走馬灯のように経験したシーンが浮かぶことがあります。この記事では、50代のわたしが経験した人生の短さと、やったほうがよいことを書いて[…]

南天

 

シンクロニシティとは、スイスの精神科医で心理学者のユングの提唱した言葉で、「意味のある偶然」ともいわれます。考えていることが現実になる、そんな意味で使われます。私は人間関係を断捨離してからシンクロニシティがよく起こるようになりました。

合わせて読みたい

シンクロニシティとは、スイスの精神科医で心理学者のユングの提唱した言葉です。「意味のある偶然」や「同時性」「共時性」と訳されています。考えていることが現実になる、そんな意味で使われます。この記事では、シンクロニシティ[…]

思いやり

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!