人生は思ったより短い!目標と大切な人に集中しよう、後悔しないためにも

人生が短いなんて、20代の頃には考えもしませんでした。

人生の折り返し地点を過ぎた今、ときどき走馬灯のように経験したシーンが浮かぶことがあります。

この記事では、50代のわたしが経験した人生の短さと、やったほうがよいことを書いています。

人生は思ったより短い!ステージに分類してみる!

人生100年として、50代のわたしは折り返し地点を過ぎました。

折り返し地点を過ぎて思うことは、人生は思ったより短い、ということ。

わたしは今、自分の尺度(しゃくど)で、人生の第3ステージだと認識しています。

第1ステージ・・・生まれてから学生時代を経て(へて)結婚するまでの独身時代
第2ステージ・・・結婚して子どもを育て成人させるまでの子育て時代
第3ステージ・・・子どもが独立して再び夫婦2人になった今

これからさらに第4ステージ、第5ステージと続いていくでしょう。

第1ステージは、自我の形成期
第2ステージは、他人(結婚したパートナー)との折衝(せっしょう)期 子育て期
第3ステージは、これまでの人生で得られた自我や目標を改めて見直し、自分を取り戻す時期

振り返ると、今、人生の第3ステージにいるわたし

人生経験を重ねたからこそこのステージに立っているのだと思い返すことができます。

進学、卒業、就職、退職、結婚、出産、育児、再就職、退職、子どもの結婚、人生で経験することの7割ほどを経験させてもらった人生

振り返って思うことは、人生は思ったよりも短いということです。

奇しくも友人の旅立ちで知らされた!人生は有限

わたしが人生は有限であることに気がついたのは、30代後半でした。

きっかけは、友人の死。

同世代の友人は、急いで駆け足で旅立って行きました。

人はいつか死を迎える。

早くても、老人になってからでも、どちらにしても「死」は訪れる。

今を生きよう!

人生は有限だ。

やりたいことをやろう!

死ぬときに、あれをやっておきたかった、そんな後悔はしたくない。

やらない後悔ほど後悔することはない!

それからのわたしは結構(けっこう)、その時そのときを一生懸命に生きてきました。

不老不死はしあわせか?人生の価値とは?

突然(とつぜん)ですが、不老不死をさずかったとしたら、あなたはうれしいですか?

わたしは一瞬、心が動きますが、1分後には、「辞退(じたい)させていただきます」とお返事します。

千年も万年も永遠に生きることができる「不老不死」

中国の皇帝も望んだ、その境地!

でも実際、人生が延々と続くとしたら、本当にしあわせなことでしょうか?

締め切りがあるから、人生はおもしろい

期限内に自分のやるべきことや夢を実現する意欲も湧くんだと思います。

千年先でも万年先でも期限はもうけないので、目標を達成しましょう、と言われても

いつでもできる、今やらなくてもよい、先延ばしにするのがオチでしょう。

人の心なんて、怠け心に勝つのは簡単ではありません。

期限が決まっているから、その中で一生懸命になれる、力を注げるのだと思います。

【50代向け】人生は短い!後悔しないためにやるべきこと10選

会いたい人に会っておく
やりたいことに挑戦する
日頃から小さなありがとうを伝える
結婚記念日を二人でお祝いする
家族旅行をする
親に電話をする
親の看取り方を考えておく
行きたい場所に旅行する
見たい景色を見る
「気は心」、周りの人にありがとうを伝えるときはプチプレゼントをする

楽しい時間が過ぎるのは早い!時間感覚の不思議

楽しい時間はあっという間に過ぎますよね。

誰しも経験があるでしょう。

夢中になって取り組んでいるときの「時間を忘れる」という感覚

時間を忘れるほど夢中になれるのは、集中力が続くからです。

集中できると、集中している間の時間はまるで止まっているかのように時間の流れを感じることなく

でも気づいたときには、時計の針がツーッと先に進んでいます。

とても不思議な感覚ですよね〜

「もう、こんな時間」って!

時間感覚というものは、相対的には測れない(はかれない)もので

夢中になっているときは、一瞬(いっしゅん)で時が流れているように感じても

あとになって振り返ったとき、夢中になっていた時間ほど長く感じられるのです。

つまり、充実していた時間は、そのとき一瞬一瞬は短く感じても

振り返ったとき、密度の濃さが時間を長く充実したものに感じさせてくれる時間の魔法が働きます。

目標を見つけると人生は短い!

目標に向かってがむしゃらに励んでいるとき

時間はいくらあっても足りないのではないでしょうか。

目標達成には、時間がかかります。

一朝一夕(いっちょういっせき)では、どんな目標であっても達成できません。

目標を達成するためには、時間をかけて努力なり継続をします。

振り返ったとき、後になって、充実していたな〜、あっという間だったな〜と

満ち足りた気分で振り返ることができるのです。

人生は短いまとめ

やりたいことは事情が許せばやっておきましょう。

やらない後悔ほど後悔することはありません。

やって失敗しても、やらないよりもよっぽど納得できます。

あなたの人生時間を充実したものに〜〜

誰しもやるべきことを先延ばしにした経験はあるでしょう。やる気が出ない、自信がない、言い訳はわかります。でも、自分で自分の首を締めているのです。原因を知って対策すれば解決できます。頭で考えず手を動かすことが第一歩です。

合わせて読みたい

私は在宅で仕事をしています。 締め切りのある案件は先延ばしにするわけにはいきませんが、確定申告などの経理事務や年賀状の準備はつい先延ばししてしまいがちです。 これまで、先延ばしで何度も後悔してきました。 この記事では、仕事[…]

夢を見る猫

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!