【野村萬斎の息子】野村裕基(ゆうき)さん大学は法学部 にほんごであそぼにも出演中

野村萬斎さんの息子、野村裕基さんは狂言師として活動の幅を広げています。

野村裕基さんの大学名は公表されていませんが、調べたところ、法学部で学んでおられるようです。

この記事では、HNK『古典芸能への招待』で能の演目『船弁慶』のアイ狂言の役柄や、親子共演したくもんのCM、HNKにほんごであそぼの情報をお知らせします。

野村萬斎さんの息子、野村裕基さんのプロフィールは?大学は法学部?

野村裕基さんは、狂言方和泉流能楽師野村萬斎さんの長男として1999年に誕生されました。

2022年現在21歳、大学に在学中です。

大学名については公表されていません。

学部は法学部で学んでおられるようです。

狂言師としても活動を開始されており、学生との二足のわらじで精進されているようです。

野村萬斎さんの息子、野村裕基さんがイケメンに成長!

『翁』※出典 BS日テレ『祈りのかたち 皇居外苑特別公演』
『翁』で三番叟の千歳(せんざい)をつとめる野村裕基さん ※出典 BS日テレ『祈りのかたち 皇居外苑特別公演』

野村裕基さんは、2021年現在21歳ですが、まだあどけなさが残る少年っぽいお顔立ちをされています。

イケメンかどうかは、主観に寄るところが大きいですが、イケメンだと思いますよ〜

すらりとした長身で、野村萬斎さんよりもこぶしひとつ分ほど身長が高いですね。

とても小顔で首が長く、アイドルにも引けをとらない8頭身いえ、9等身くらいあるのではないでしょうか

特徴としては、目が離れていること。

鼻と口が中央にキュッと寄っているだけに、目と目の間が離れているのが目立ちますね!

まだまだ成長途中の野村裕基さん

この先経験を積んでどのようにお顔が変わっていかれるのか楽しみです。

野村萬斎さんの息子、野村裕基さんの声が野村萬斎さんそっくり

野村裕基さんの公演を見た感想です。

すらりとした長身、首が長くお顔が小さいこと!

10頭身ほどの割合ではないかというくらいのお顔の小ささ。

 

相反して、声は大きくよく響きます。

声が、まるで野村萬斎さんです。

そっくりです。

たぶん地声はそれほど似ていないのかもしれませんが、狂言のように型をつかって演じる芸能は、師匠の影響を受けるのでしょう。

それ以前に親子ですから、もともとの声質が似ているというのもあると思います。

役者の必須条件である華があります。

存在感があります。

 

ものおじせず大声量で豪快に演じる様子は、根っからの狂言師。

大物の予感がします。

野村萬斎さんの息子、野村裕基さんはくもんのcmで父野村萬斎さんと親子共演!

くもんのCMで共演する野村萬斎と野村裕基親子
※出典:公文式公式WEB https://buzz.kumon.ne.jp/oyako/

くもんのイメージカラーに身を包んだ野村萬斎さんと野村裕基さん父子が、知的で爽やかな雰囲気をかもしだしていますね〜

野村萬斎さんも、野村裕基さんも親子ともにくもんで学んだとあって、説得力のあるCMに仕上がっていますね。

 

野村萬斎さんすごい マルチな才能!根っからのエンターティナーと努力のたまもの

合わせて読みたい

野村萬斎さんは狂言師ですが、狂言の範囲にとどまらない幅広い活動が目立ちます。ドラマに映画、子ども向けの教養番組やバラエティまで、ジャンル問わず第一線で活躍する野村萬斎さん。この記事では、野村萬斎さんのすごさについて、私が実際[…]

野村萬斎さんマルチな才能がすごい

 

野村萬斎さんの息子野村裕基さんはNHK「にほんごであそぼ」で親子共演!

公文のイメージキャラクターに起用されたのは、野村萬斎さん野村裕基さん親子が公文で学んでいたことも大きな理由ですが、

NHK「にほんごであそぼ」で、日本語の魅力をわかりやすく発信している姿勢にも共感できるからだったといいます。

 

メディアで日本語の魅力を伝えたことによって、良い効果が波及していったのですね!

番組の意図を正しく理解して、どうすれば視聴者に楽しんでもらえるだろうかという野村萬斎さんのプロ意識の高さにほかなりません。

 

野村裕基さんは3歳で初舞台を踏んで、狂言の道に進むことを自覚しながら育たれました。

 

にほんごであそぼはこちらのページでダイジェスト版がご覧いただけますよ〜

にほんごであそぼとは?(NHK公式サイト)

幼い頃の野村裕基さんも出演されています。

 

現在放映中の『にほんごであそぼ』にはリアルタイムで出演中です。

にほんごであそぼに出演している野村萬斎・裕基親子
にほんごであそぼに出演している野村萬斎・裕基親子。

野村裕基さんも狂言だけの枠にとどまらず、親しみのもてる幅広い役で日本語の楽しさを広めています。

野村萬斎さんおの息子、野村裕基さんは狂言師、間狂言(アイ)を務める能の演目『船弁慶』

能と狂言を合わせて「能楽」といいます。

野村萬斎さんのように最近では狂言師独自の活躍も目立ちますが、本来は能の間に演じるのが「狂言」でした。

狂言には2種類あります。

  1. 能1と能2との間に、能のストーリーとはまったく別もので、間にはさむお笑いとしての「狂言」を演じます。
  2. 間狂言・・・アイともいい、能の物語の中に登場し能の前半と後半をつなぐ役割をします。

能『船弁慶』の中で演じられるのは、②の間狂言(あいきょうげん)です。

野村裕基さんは、義経(よしつね)の一行を乗せた船頭(せんどう)の役を演じました。

荒れていく海、やがて嵐になり船の舵(かじ)を取られまいと懸命に船をこぐ様子をオーバーアクションで表現します。

2021年2月28日(日)NHK 21:00〜 『古典芸能への招待』で能の演目『船弁慶』のアイ狂言で野村裕基さんが演じていました。

長身の野村裕基さんの演技が光っていました〜〜

 

狂言のおもしろさは、人間関係のあつれきをユーモアと皮肉をまぶした対応でかわしてしまうところです。イヤや上司や理不尽な仕打ちを機転をきかせた笑いでやっつけることで、見る人の共感を誘います。

合わせて読みたい

能にくらべてわかりやすいといわれる狂言ですが、初めて見るときは、できればわかりやすい演目を見たいもの。狂言のおもしろさがわかり、狂言の世界により興味が出てきますよ!この記事では、狂言を初めて見る方にもおすすめの演目をご紹介し[…]

竹林

 

能と狂言の役者をあわせて能楽師とよびます。能楽師で有名なのは野村萬斎さんがまず思いつきますね。茂山宗彦、逸平兄弟はテレビにも出演しています。名門観世流の観世清和さんや、宝生流能楽師の宝生和英さんもご紹介します。

合わせて読みたい

能と狂言の役者さんをあわせて能楽師とよびます。能楽師で有名な役者さんといえば、野村萬斎さんがまず思いつきますね。野村萬斎さんは狂言方(狂言を専門とすること)で、最近では「狂言師」という呼び方もします。能を専門とする役[…]

能舞台

 

「俺の家の話」は能楽師を主役に据えたドラマ。家元のお家事情や、能楽堂のシーンなど、能の要素たっぷりで注目です。能楽指導は観世流シテ方の能楽師です。宝生流の能楽堂も登場します。

合わせて読みたい

「俺の家の話」は能楽師の家元を舞台にしたホームドラマ。2021年3月26日で最終回でした。ドラマは終了しましたが、長瀬智也さん最後の出演作、有終の美を飾るドラマになりましたね〜この記事では、ドラマに登場した能楽の流派[…]

能舞台の松

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!