人の悪口・陰口を言う人は自分で自分をおとしめる!うまいかわし方は?

女の職場ではたいてい1人か2人は、悪口や噂話が好きな人がいますよね〜

職場やグループで、悪口を言う人から、あなたもそう思うでしょうなど同意を求められたとき、あなたはどうかわしていますか?

一緒になって悪口・陰口を言う

わかるわかるとうなづく

この記事では、人の悪口を言う人の特徴と、かわしかたをお伝えします。

人の悪口・陰口を言う人は自分軸で生きられないかわいそうな人

人の悪口を言う人は、悪口をいうことでストレスを発散しています。

人をおとしめて自分の存在を示したいのです。

悪口を言う人の特徴は

自分に自信がない・・・自信のなさを悪口をいうことで人をおとしめ優位に立とうとしています
注目されたい・・・悪口をいうことで自分のほうが正しいアピールをします
人をねたんでいる・・・人をうらやましく思う気持ちが、悪口をいうことで相殺(そうさい)されると思っています(されませんから!余計に逆効果です!)
優位な立場に立ちたい
ストレス発散・・・ストレス解消の手段
このように悪口を言う人は、自分軸で生きられないかわいそうな人なのです。
悪口を言う人を観察してみてください。

いつも不満そうな顔をして、満たされない思いが顔にはりついていますから。

悪口を言う人は顔を見ればわかる

人の悪口を言う人は、悪口をいうことでストレスを発散しています。

心の中は、不満やネガティブな感情に支配されています。

心は顔に出ます、怖いくらいに。

いつも不満そうな顔をして、口角が下がり口もとがゆがんでいます。

また、実年齢よりも老けて見えます

 

わたしの経験です。以前、あるサークルで知り合った人が、悪口を言うタイプの人だったんですね。

いつも不満そうで、人のことを悪く言うのが日常化していました。

何かのきっかけで年齢を知って驚いたのです。

わたしよりうんと年上だと思っていたので、わたしと2歳しか違わないことにびっくり!

 

珠緒

わたしはこうはなりたくないなーーって激しく思いました。

人の悪口いわんとこ〜〜っと!!

 

顔は年輪ということばもあるように、その人の生き方を映します。

悪口に同意を求められたときのうまいかわし方

女性同士のおしゃべりで、悪口大会になってしまった経験はありませんか。

会社の給湯室(なつかしい響き!今でもあるのか?給湯室なんて!)での会話といえば、同僚の悪口が定番だったなんて過去もありましたっけ!

 

そんなときの対処法は

笑顔で聞き流す
話に乗らない
別の話題にすりかえる
悪口を言われている人の肩を持つ

 

悪口を言う人は、人を非難します。

人格を否定します「あの人はダメだ」と。

しかし、悪口を言われている人の人格を否定するのではなく行動を批判するのであれば救われる余地があります。

責めるのは人ではなく言動だと、わたしは思います。

もし、自分も悪口を言われている人の行動を改めてほしいと思っているなら

悪口を言う人にさりげなく「行動を直すようにアドバイスしてあげたらどうですか」と水を向けてみるのもありでしょう。

まぁ、人の悪口を言う人に、こういった忠告が通じるとは思えませんが(笑)

 

あと、たとえ同じことを思っていたとしても悪口に同調しないで、自分の心の中だけにとどめておきましょう!

口から出たことばは取り返せませんから!

悪口を言うと運気がダウン!回り回って自分に返ってくる!

悪口を言うと、自分が発したことばからネガティブな感情を浴びることになります。

人の粗(あら)ばかりさがすようになります。

欠点ばかり見ても愉快ではありません。

人に向けられていたネガティブな感情が、知らず知らず自分の心までも支配していく負のループに陥って(おちいって)しまいます。

いつもマイナスのことばかり考えていれば、しだいに運気にも見放されてしまいます

悪口を言う人とは適度な距離を保ち、スルー力を身につけてやり過ごしてください。

 

他にも、世の中にはいろいろな人がいます。

事前に知って、適切な対処を〜〜

 

合わせて読みたい

職場でお局に次いで高確率で存在する面倒な人 それは重箱の隅をつつく人ではないでしょうか? ホッチキスの針の位置など、どうでもいいことにいちいち難癖(なんくせ)をつけ、現場をかき回す人 この記事では、重箱の隅をつつく人の心理[…]

文具

 

合わせて読みたい

「いや、これ違うから!」 「えっ!それおかしくない?!」 何かにつけて、否定から入る人、あなたのまわりにもいませんか。 否定されたほうは、いい気分のするものではありません。 この記事では否定から入る人の心理と、対策に[…]

苦手な人

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!