否定から入る人がうざい! 疲れる!どんな心理が隠れてる?否定から入る人の末路は?

「いや、これ違うから!」

「えっ!それおかしくない?!」

何かにつけて、否定から入る人、あなたのまわりにもいませんか。

否定されたほうは、いい気分のするものではありません。

この記事では否定から入る人の心理と、対策について書いています。

否定から入る人の心理とは?

自分に注意を向けるためのポーズ

否定から入る人の言う「でも」「それって」はクセみたいなものですよ。

 

珠緒
「とりあえずビール」みたいなもんやな(苦笑)
群れ女
居酒屋での第一声みたいんもんなんか〜い!!

とりあえず否定って

言われたほうは気分モヤモヤやなのに、とりあえず否定ってないやろ〜って思いますよね!

 

否定から入る人は実は満たされなくて寂しがり屋

自分に注意を向けたいがために、会話のとっかかりとしてつい否定的なことばを使ってしまうのです。

 

自分の方が上だと思っている

否定から入る人は会社でのポジションも上司や役付、先輩の立場なので、部下の出した企画をすんなり受け入れるとプライドが許しません。

自分を強く見せたいがために、何か一言言わないと気がすまないのです。

 

プライドが高い

プライドの高さは自信のなさの裏返しでもあります。

本当にプライドが高い人は、人を否定して自分を大きく見せるような姑息(こそく)な真似はしません。

否定から入る人はプライドが高いふりをしているだけ、自信のなさがそうさせているのです。

弱いところを見せたくないのです。

 

珠緒
その程度のちっちゃいやつなんや!

 

できる自分を演出するポーズ

否定から入る人は周りから、すご〜い、とか、博識(はくしき)、ものをよく知っていると持ち上げられるのを喜びます。

部下の出した企画にケチをつけます。

ダメ出しをします。

自分のほうがよくできると言いたいのです。

 

自分の意見が絶対だと思っている

自分の意見がいちばん正しいと思っています。

だから部下の企画の足りないところや間違いををつついてきます。

否定から入る人との疲れる会話の例

 

私「新しくできたあのステーキお店、おいしいんですよ〜

否定から入る人「えっ?!あんなまずいステーキ喜んで食べる人の顔が知れんわ!

 

珠緒
あんた、ケンカ売ってんのか!!

お気に入りの店や気に入っているものを否定されるのは、自分の価値観を否定されたということ!

その先の会話はありません!不愉快極まりないですよね!

そりゃあ、味の好みは人それぞれです。

でも次の句が継げないような否定は、大人としてとる態度ではないと思います。

 

(プレゼン資料を見せながら)私「これ確認していただけますか

否定から入る人「これって何?何が言いたいのが全然伝わらん!

私「・・・・

頭ごなしの否定、傷つきます。

 

このように否定から入る人に何を言っても否定されるので、いうだけバカらしくなります

不毛な会話からは、何も生まれません。

生まれないどころがやる気が萎(な)えていきます。

結果、余計なことは言わずにおこうとして、コミュニケーションを避けるようになります。

言うだけメンタルがやられるから、この人とは話すだけ無駄と思うようになります。

 

歓迎会でみんなで食事に行った場で

私「このおつくり、脂がのったブリ!おいしそ〜

否定から入る人「私、おつくり嫌いなのよね〜!

 

おいしそ〜と言ってる人に、「嫌い!」とその場をシラけさせる否定から入る人!

 

珠緒
おいしそ〜っていうてるんはわたしや! 今、あんたの好みなんか聞いてへんわ!!(怒)

 

ジブリ映画「魔女の宅急便」でおばあちゃんのつくってくれたニシンとカボチャのパイを「私、このパイ嫌いなのよね!」と否定した孫娘のように。

せっかく雨の中届けてくれたキキに対していう言葉でしょうか!

人の気持ちをわかろうとしない人。

 

私、ブリ嫌いなのよねー!!っていう人は、自分のことしか考えていません

あなたがおつくりを嫌いなのはどうでもいいこと、ここで口に出すべきことばではありません。

それをいうことによって場がシラけ、同席した人が不愉快になることがわからないから、そんなことばが出るのですよね。

 

否定から入る人とは、コミュニケーションコストがかかりすぎます。

て、いうか、コミュニケーションが成り立ちません!

 

人間は「人の間」と書きます。

人と人との間にあるものを、今一度考えてみてください。

 

ちょっとした気づかいや思いやりが、人と人との関係を作るのです。

空気だって人と人の間にあります。

せめて、空気くらい読みましょうよ。

 

珠緒
まぁ、空気読めるんやったらとっくにそうしてるわな〜
空気さえも読めへんから、否定するんやんなー
話通じひんわ〜
群れ女
もはや、地球人と違うんかもな、否定人か?!

報われません

話をするだけ疲れます

不毛です。

否定から入る人の対処法は?

接触は最低限の業務連絡だけにする
気にしない
寂しい人だと思って、逆に同情する

否定から入る人とは話したくない!

人は共感されたい生き物です。

何を言っても否定ばかりされていると

この人と話しても通じ合えないな

自分が傷つくだけだな

と、守りに入ります。

 

否定されてまでその人と会話する意義が見出せません。

だって、得るものは何もなく、失うもののほうが大きいのですから。

話もしたくなくなります。

発話を控えるようになります。

 

否定から入る人とは、話が通じません。

距離を保って、自分の世界をガードしましょう!

否定から入る人の末路

人は誰でも否定されると、心の距離を置きたくなります。

自分を受け入れてもらえない人とは、うまく仕事を進めることも難しくなります。

否定ばかりされて、エネルギーをうばわれ、仕事のモチベーションもダウンします。

空気は伝播し、会社全体の士気(しき)も下がってきます。

 

否定ばかりされ続けた結果、社内の空気はどよ〜んと重く、誰も新しいアイディアも企画も出さない。

重苦しい空気に包まれ・・・

 

否定から入る人が、否定的な指摘や態度を改めないと、ゆくゆくは孤立することもあり得るでしょう。

人は自分の写し鏡と言いますしね。

否定から入る人否定」 → → キャッチする人やる気の喪失・非協力・反発

 

否定ばかりされていたら、協力しようという気持ちも起こらなくて当然です。

こういうのを身から出た錆(さび)といいますね。

否定から入る人の末路は、このようにさびしい行く末でしょう。

はたして否定から入る人に人がついてくるでしょうか。

 

 

サイコパスな上司はサディストだった!表の顔と裏の顔が違いすぎる!

合わせて読みたい

頭がキレて、仕事のできる頼りになる上司。でもふと見せる冷淡さと、上から目線にとまどった経験があります。もしかしてサイコパスなんでは?この記事では、わたしが経験したサイコパス上司のパワハラ実態について書いています。[…]

仮面

どこの会社にも一人はいるお局。お局は会社が生み出した負の遺産です。人をいじめるのは劣等感の裏返しであり、承認欲求を満たしたいがためです。お局とはつまるところかわいそうな人種なのです。

合わせて読みたい

多くの会社に高確率で存在している、お局(おつぼね)。お局は、会社が生み出した負の遺産です。超要注意人物なので、お局がいる限り会社でのコミュニケーションは一筋縄ではいきません。お局は会社組織の中で生まれるべくして生まれ[…]

指摘する女

 

お局は不満を自分の中で処理できず、非の無い人に「不機嫌」の矛先を向けます。パワハラ・モラハラというかたちでしか不満を処理できる方法がないのです。そんなお局のパワハラ・モラハラに負けないための対策です。

合わせて読みたい

職場に高確率で存在する、お局。もしあなたがお局のいじめの標的にされているとしたら、毎日がゆううつでたまらないことでしょう。この記事では、お局のパワハラ・モラハラ言動と、負けないための対策について書いています。お局のパワハ[…]

悩む女性

 

職場でお局に次いで高確率で存在する面倒な人それは重箱の隅をつつく人ではないでしょうか?ホッチキスの針の位置など、どうでもいいことにいちいち難癖をつける人、プライドの高さと自信のなさの裏返しがこのタイプの人です!

合わせて読みたい

職場でお局に次いで高確率で存在する面倒な人それは重箱の隅をつつく人ではないでしょうか?ホッチキスの針の位置など、どうでもいいことにいちいち難癖(なんくせ)をつけ、現場をかき回す人この記事では、重箱の隅をつつく人の心理[…]

文具

 

誰にとっても平等に与えられているのが、時間です。時間をどう使うかは、その人にゆだねられています。ところがこの「時間」をどろぼうする困った人がいます。時間どろぼうを撃退するたった一つの方法は「いい人をやめる」ことです。

合わせて読みたい

誰にとっても平等に与えられているのが、時間です。時間をどう使うかは、その人にゆだねられています。ところがこの「時間」をどろぼうする困った人がいます。時間どろぼうを撃退するたった一つの方法は「いい人をやめる」ことです。[…]

時計

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!