群れるのが苦手です!職場で群れる女との付き合い方・かわし方は?

女性が3人以上集まれば、自然的に発生する「群れ」。

女3人よればかしましい、と言いますがまさに群れは噂話のるつぼです。

この記事は、群れる女の特徴と、群れるのが苦手な女性が職場で自分の立場を守る方法について書いています。

女はなぜ、群れたがるのか?

みんなと一緒が安心、その場しのぎの仲良しごっこ。

女の世界では、小学生の頃から女子同士で群れる傾向があります。

女はなぜ群れるのか?

それはグループに所属していると安心だからです。

小学生の女の子のあるある行動、連れションは、トイレに一緒にいく行動をシェアして仲間意識を築き安心しているのです。

 

ところで、あなたは一人でラーメン屋さんに入れますか?

入れると答えた人は、おそらく群れに所属しなくても大丈夫な女性でしょう。

 

群れの中には必ず番長がいます。

番長にお伺いを立てて、従う。

女の世界は、男性の群れに比べて陰湿な上下関係ができあがっています。

わたしが経験した大人の世界の群れは、地元有力者の女性経営者の集まりでした。

番長が言うことが絶対で、取り巻きの女性は番長をおだてる女性特有の世界でした。

群れる女が成長できないのはなぜ?

女性が3人以上のグループになると、関係性が複雑になります。

会社の給湯室で出る話題といえば、上司や同僚の悪口、仕事、趣味の話ではないですか?

群れになると人の陰口を言い合うのは、共通の話題でお互いの心を通わせたいからです。

女は共感されたい生き物です。

上司や同僚の悪口を分かち合うことで、私たちってなんてかわいそうなの!と自分たちの立場をなぐさめあっているのです。

人をつまみにうわさ話や無駄話をしているのは、時間の無駄づかい。

そんなことをしていても自分が成長できません。

群れるのが苦手、その感覚を大事にして!

そんな群れを横目に、群れに入るのが苦手な人はいます。

いつもマイナスの話ばかりしている群れがどうも性に合わない。

会社で自分が成し遂げたい目標があり、群れに所属していては自分が成長できないと自覚している人です。

一匹狼でいいじゃないですか。

一人で堂々と行動できる一匹狼、ステキです。

会社などの組織に属しているのなら、群れとは適度な距離感を保ち敵視されない程度にかわすのがかしこいやり方です。

群れから抜け出した体験談

わたしの体験談です。

目的を同じくし、情報共有をする女性の群れに所属していました。

メンバーに刺激されて自分が成長できている感覚があったのですが、途中から自分の成長ではなく、群れの成長へとシフトしていることに気がつきました

珠緒
群れの成長なんてわたしの望むとこやないし!危ない、危ない!

番長からの価値観の押し付けについていけなくなり、群れから脱退!

脱退する理由をはっきり伝えたのですが、そこはやはり女性。

すんなりとはいきませんでしたね!

裏切り者扱いされ、捨てゼリフをあびせられました。

珠緒
こわかったわ!抜けるときのあの目!ほんま女性の集団ってこわいって思ったわ!

群れるのが苦手な人への対策

無理して合わせたり群れたりする必要はありませんが、協調性と群れとは違います。

群れが苦手だったとしても、仕事は仕事と割り切って協調性を持ってこなす。

群れで不毛な時間を過ごしたくないあなたは、群れの会話は遠巻きに見守り、「あなたはどう思う?」と振られたら中立の立場でさらっとかわしましょう

絶対に群れないぞ!と意地にならず、適度な距離感でかわせると自分の立場も守れます

職場でお局に次いで高確率で存在する面倒な人それは重箱の隅をつつく人ではないでしょうか?ホッチキスの針の位置など、どうでもいいことにいちいち難癖をつける人、プライドの高さと自信のなさの裏返しがこのタイプの人です!

合わせて読みたい

職場でお局に次いで高確率で存在する面倒な人 それは重箱の隅をつつく人ではないでしょうか? ホッチキスの針の位置など、どうでもいいことにいちいち難癖(なんくせ)をつけ、現場をかき回す人 この記事では、重箱の隅をつつく人の心理[…]

文具

 

どこの会社にも一人はいるお局。お局は会社が生み出した負の遺産です。人をいじめるのは劣等感の裏返しであり、承認欲求を満たしたいがためです。お局とはつまるところかわいそうな人種なのです。

合わせて読みたい

どこの会社にも一人はいるお局(おつぼね)。 お局は会社が生み出した負の遺産です。 お局がいる限り、会社でのコミュニケーションは一筋縄ではいきません。 この記事では、お局の特徴と生態を考察し、お局から身を守る対策をご紹介しま[…]

指摘する女

 

何かにつけて、否定から入る人、あなたのまわりにもいませんか。めんどくさいですよね〜否定されたほうは、いい気分のするものではありません。否定から入る人は虚栄心が高く、自分が注目されたいのです。

合わせて読みたい

「いや、これ違うから!」 「えっ!それおかしくない?!」 何かにつけて、否定から入る人、あなたのまわりにもいませんか。 否定されたほうは、いい気分のするものではありません。 この記事では否定から入る人の心理と、対策に[…]

苦手な人
珠緒
群れとは適度な距離を保って、つきあいましょう、というお話でした。

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!