あぶく銭身につかず|身を滅ぼさないための泡銭の正しい使い方とは?

楽して手に入れたお金をあぶく銭といいます。

お金には感情があります。

あぶく銭といえどもお金はお金。

たまたま使う人のもとにやってきた真の意味を、使う人が理解できなければ、泡のように消えるのがあぶく銭。

この記事では、泡銭(あぶくぜに)がなぜ身につかないのか、その訳と、あぶく銭の正しい使い方について書いています。

泡銭とは何か?

泡銭とは、予期せぬ方法で手に入れたお金のことです。

お金は生き物、エネルギーです。

エネルギーであるお金を手に入れるには、まっとうな方法というものがあります。

 

お金はエネルギーについては、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

お金の使い方、支払い方からは、その人の人格が透けて見えます。試しに、上司や同僚とのみに行ったとき(昨今のコロナ情勢では事情が許さないとは思いますが)、支払いをどうするか、を観察していれば、その人のお金に対する哲学がわかります。[…]

お金と貯金箱

 

予期せぬ偶然

たとえば、一般的にはギャンブルや賭け、賭博(とばく)で得たお金のことを指す場合が多いです。

 

そもそも、お金とは「労働」の対価として手に入れるのが人の道であり、世間一般の常識です。

 

ですから、何の努力もしないで、ぶくぶくとわいて出た泡のように楽して手にしたお金は、はかない夢と消えることを戒めて(いましめて)あぶく銭といわれます。

あぶく銭はなぜ貯まらないのか?

泡銭はなぜ自分のところにとどまってくれないのか。

なぜ、貯まらないのか。

理由は明白です。

 

なぜなら、自分で身を切って稼いだお金ではないからです。

 

努力して、スキルを売って手に入れたお金は、自分の分身のようなもの。

計画的に大切に使おうとする意識が働きます。

 

でも、泡銭は、偶然、運の巡り合わせで、たまたま手元にやってきたお金。

偶然やってきた幸運は、逃げていくのも早いです。

泡銭の使い方、正しい使い道とは?どう使えばよい?

泡銭の正しい使い方というものがあるとすれば、

お金を主体的に使うことだと、わたしは思います。

 

お金に使われるのではなく、主役はあくまで自分、

意思をもってお金を使うということです。

 

たとえば、宝くじで1億円当たったとしたら、

1億円があぶく銭になるかどうかは、その人のお金のIQにかかっていると言えます。

 

住宅ローンの返済に充てる

新車を買う

世界一周旅行に行く

 

どう使おうと自由ですが、お金に振り回されるのではなく、主体的にお金を使おうという意識さえ持っていれば

泡銭でも案外正しい使い方はできると、わたしの意見です。

 

ところが、宝くじで大金を手にすると

手当たり次第贅沢三昧(ぜいたくざんまい)し、挙げ句の果てに借金地獄におちいるような使い方をしてしまう人が、世の中にはいます。

降ってわいた突然の幸運に、自身のコントロールが効かなくなるのですね!

お金のIQ=お金の知識 お金のEQ=お金の感情 が高くない人は、このように散財してしまいます。

正しい使い方ができずにお金に振り回されてしまうのです。

 

たとえ泡銭であったとしても目的を持って使うことで、よい循環を生み出せるにもかかわらず。

あぶく銭の超納得できる使い道エピソード

歌手の奥田民生さんが以前テレビで、泡銭(あぶくぜに)についておもしろい発言をしていましたので、ご紹介します。

 

ソロになって、CDがヒットしたとき、著作権料として驚くほどのお金がはいってきた。

作詞作曲した曲は、カラオケや有線放送などで流れるごとにチャリーンとお金が入ります。

大ヒットした曲なら、著作権料だけでも相当な金額になるでしょう。

 

奥田民生さんはプロとして楽曲を作り、プロとしてCDを出していますが、

奥田民生さんにとってヒットによって入って来たお金は、まるであぶく銭のようだったといっています。

 

珠緒

なるほど、そうかもしれません。

曲が売れるか売れへんかは誰も予想できひんし、半分賭けみたいなもんなんかも!

 

好きなこと(作曲、歌を歌う)をやって、たまたまヒットして、多額のお金が入ってきた!

あぶく銭とも思える展開だったのでしょう!

売れたことへの対価があまりにも多額だったのでしょうね。

 

奥田民生さん、その「あぶく銭」は、次なる戦力のために以前から欲しかったけど高くて手が出せなかった「ギター」に投資しました。

泡銭の鮮やかすぎる使い方に拍手!!あっぱれ!!

珠緒
意思と目的を持って使ったお金は、世の中を回って人のためにもなるし、自分のためにもなる!

あぶく銭の最たる例がギャンブルの当せん金

泡銭は、普通の生活をしていたらほとんど遭遇する機会のないお金です。

ところが、偶然、天文学的な確率で、泡銭を手にしてしまう人もいます。

それが、ギャンブルというものの持つ魔性でありましょう。

 

宝くじ高額当せんで不幸になる訳については、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

街角で見かける宝くじ販売ブース。年末ジャンボの時期には行列ができていることもありますね。実際、宝くじって当たるんでしょうか。何億という当せん金を手にした人はどのくらいいるのでしょうか。この記事は、宝くじが当た[…]

宝くじ

 

ギャンブルで偶然手に入れた大金に、感覚が麻痺してしまい、散財するのは非常に残念なことです。

楽して手に入れるお金は、エネルギーのコントロールができないと、身を持ち崩す元凶にもなると心得てください。

泡銭はあぶくと消えるから泡銭

正しくない方法で得たお金は、あぶくのようにはかなく消える運命なのでしょう。

泡銭はあぶくと消えるからあぶく銭なのです。

 

あぶく銭といえば、詐欺など反社会的な方法で得たお金も一種の泡銭です。

お金は人の行い(おこない)を見ています。

正しくない方法で得たお金は必ず、元の場所に戻ろうとする力が働きます。

 

人は古来、等価交換の方法としてお金という概念を生み出し、お金を使うことで社会生活を豊かにしてきました。

マイナスのエネルギーを持って使うお金は、マイナスの方向に進みます。

感謝の心で使うお金は社会によい循環を生みます。

エネルギーの法則は、お金にも当てはまります。

 

泡銭であっても、自分のところに偶然やって来てくれたのなら、ご縁に感謝して使いたいですね!

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!