人生のステージが変わるとき人間関係が更新される!人生の転機とスピリチュアルな現象の関係!

気がつけば自分の周りの人間関係に変化が起きていた!

以前までよくお茶していた仲間とずいぶんご無沙汰している。

そんなとき、ステージが変化しているのを感じませんか?

この記事では、人間関係が変化するときのスピリチュアルな意味についてお伝えします。

人間関係が変化するのは人生の転機を迎えているから

人は誰でもエネルギーを発しています。

自分の発している熱量と波長が合うものを引き寄せるといわれています。

あの人とはウマが合う。

逆に

あの人とはソリが会わない。

こんな感覚は誰しも抱いたことがあると思います。

 

ウマがあって意気投合していた間柄でも、時間の経過や環境の変化とともに、最近会えなくなった。

そんなときは、自分の発していた波動と相手との波動が合わなくなったことを意味しています。

 

人生の転機を迎えているのかもしれません。

 

わたしにもそんな経験があります。

あるサークルで意気投合してイベントを意欲的に開催していたのですが、エネルギーの向かう方向性に違和感を感じてサークルを脱退しました。

会を辞めると当然メンバーに会うこともなくなり、疎遠になっていきました。

始めた当初、あれほど入れ込んでいたのに、人の心は変化するものなんだ、と振り返って今、思います

メンバーが嫌いになってやめたわけじゃない。

自分が成長したから波動が変わり、結果、人間関係にも変化が起きたのです。

人間関係が変化するとき起こるスピリチュアルな現象とは?

人間関係が変化するとき、2つのスピリチュアルな現象がおこります。

居場所が更新される

気がついたら別の場所にいた。

これまでとは別のステージにいる。

自分の居場所が更新されたと感じたときは、間違いなく人間関係が変化しています

人間関係が変わると見える景色が変わります

 

時間が伸び縮みする

時間感覚とは本当に不思議なものです。

人間関係が変化するとき、人生の転機にさしかかっているときは、時間感覚がいつもと違ってきます。

ほんの2〜3年前のできごとが10年ほども昔のことに思え、時間が伸び縮みするような不思議な感覚にとらわれます。

これは、すでに自分の中で終了した過去として、記憶の底に押しやられるからです。

逆に、新しく始めた挑戦が充実している場合、一日があっという間に過ぎてしまいます。

しかし、あとで振り返った場合、密度濃くすごした時間はとても長く感じられます。

 

人間関係が変化するのは、学びが終わったから

人間とは、人の間と書きます。

人は一人では生きられません。

親に育てられ、先生から勉強を教わり、社会人になり上司や先輩、同僚から影響を受け、人と人との間で成長していきます。

人との出会いで、人は成長していきます。

しかし、人との出会いは永遠には続きません。

出会いにはいつか別れが訪れます。

別れは、なんとなく疎遠になったり、強制終了のように突然終わったり、さまざまです。

人間関係が変化するとき、そこには学びが終わった意味がかくされています。

 

人生のステージが変わるとき訪れる卒業のサイン!

子ども時代は、小学校、中学校、高校、大学、卒業という節目があり、いやおうなしに人間関係が更新されてきました。

しかし大人になると、卒業式がありません。

いつまでも同じ人と同じ付き合いをしている、長く続くそういう縁もあるでしょう。

 

でも、自分が次のステージに進みたいと願ったとき人間関係にも卒業という区切りが訪れます

人間関係の卒業は、自分で決めるものです。

 

これまで親しくしていた人と、最近会えなくなった。

でも特に寂しくはない。

 

これまで話が合うと思っていたけど、親しくなるにつれて違和感を感じるようになった。

こんな経験は、人間関係の卒業のサインかもしれません。

心の声に耳を傾けてみると、サインをキャッチできるはず。

素直に従ってみましょう。

人間関係は水もの!でも、学んだことは忘れないで!

人間関係も水ものです。

人間関係は常に変化します。

出会いは別れの始まりといいます。

出会ったらいつか別れるのは、自然の法則です。

 

人間関係を卒業して、縁が遠ざかり疎遠になったとしても、その人から学んだことは忘れないでください。

人とのご縁は、学びを得るためにあります。

学びは、尊敬できることばかりではないでしょう。

わたしは勤め人時代、お局からパワハラされたつらい経験があります。

でも、その経験を教訓として、反面教師にし、人が嫌がることはしないことを学びました。

人にやさしくすることを学ばせていただきました。

 

珠緒
人をいじめたらあかんとか、小学校の道徳でも習うことやけどな!
つらい経験も前向きに生かすことで、この世界で人と出会った意味が生きてきます。

人間関係の変化は人生の転機のとき

自分の波動が変わり、引き寄せる人が変わる
人間関係が変化すると、自分の居場所が変わる
次のステージに上がるとき、卒業という変化が訪れる
人間関係が変化するとき、過去は記憶の底へと押しやられ、未来に意識が向くようになります。
人生の転機は、これまでの関係を精算して新しい関係を構築するとき。
変化を前向きにとらえ、未来を築いていってください。
合わせて読みたい

人の世は出会いと別れでできています。いつのまにか疎遠になることはあっても、突然人が離れていくとどう受け止めたらいいのか不安になることもあるかもしれません。 最近、周りからどんどん人が離れていく。気づ[…]

湖
合わせて読みたい

人生長く生きていると、人間関係を整理したいなと思う場面も出てきます。増えすぎた人とのつきあいが面倒ではありませんか?職場の人との関係で悩んでいませんか?この記事では、断捨離で人間関係を一掃したわたしが、断捨離するとき[…]

猫じゃらし
合わせて読みたい

人とのご縁は一生続くものもありますが、成長やステージとともに変化していくものです。ある時期に親しくしていた人といつのまにか疎遠(そえん)になったり、遠く離れてもことあるごとに連絡をとっている友人ご縁というものは、自分でコント[…]

ハサミで糸を切る
最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!