風の時代|仕事を辞めた体験談!職業観や働き方はどう変わるのか!

風の時代は、目に見えないものに価値を感じる時代になります。

この流れを信じるか信じないかは別としても、知っておくことでとまどわずに生きていける道しるべになります。

200年に一度の変革、風の時代は、仕事や働き方はどんなふうになるのでしょうか。

この記事では、風の時代の仕事について考えてみます。

風の時代の仕事、職業観や働き方、どう変わる?

2020年12月末から風の時代が始まりました。

奇しくも、2000年の2月、プロローグのように新型コロナウィルスの感染拡大が始まり、時代の変わり目を予感させる幕開けとなりました。

コロナにより、リモートワークが一気に広まり、出社しなくても仕事ができることが証明されてしまったのです。

月曜日から金曜日までみなが同じ時間に出社して定時まで働いていたのは、なんだったのか?

在宅で仕事、初めはとまどったけどやってみたらなかなかはかどるし、こんなやり方もありなんだ!

カンのいい人は気づいてしまったのです。

そう、仕事はもっと自由でいいんだ、と。

その流れを加速させるように、政府も副業を解禁し、大企業でさえも副業を推奨する時代に入りました。

今や終身雇用制度は崩壊しつつあり、自分のくいぶちは自分で稼ぐ時代へと変わりつつあります。

そんな中で、風の時代に、好きなこと、得意なことを副業として始めてみるチャンスがやってきたのです!

風の時代は、個人を生かせる時代に

風の時代のキーワードは、自分らしさフリーランスアイデアなどです。

想像力を生かせるネット関連、ライターやクリエイティブ、スピリチュアル系の仕事は需要が増えていくでしょう。

創造系の仕事はまさに個性が投影される仕事です。

これまで、クリエイティブな仕事をやってみたくてもあきらめていた人には、チャンスです。

 

わたしは風の時代が始まる前に一足早く、フリーランスとなり在宅でデザイン業務を開始しました。

インターネット上には、副業サイトが多数存在します。

 

在宅でデザインのお仕事についてはこちらに詳しくまとめています。

 

自分でWEBを立ち上げて、商品を販売するのもよいでしょう。

インターネットはまさに風の時代にふさわしいツール。

ワクワクする可能性が広がっています!

風の時代、仕事を辞めた体験談

わたしは、風の時代が始まる1年前に仕事を辞めました。

自分の中で転機を感じてのことだったのですが、今思い返すと、ぴったりくるんですよね、風の時代が始まったことに。

 

会社員時代はあるサービスを販売していたのですが、扱っていた情報が時代に合わなくなってきているな、とはうすうす感じていました。

情報とは生き物、ナマモノです。

新鮮さが失われたら、情報の価値は下がります。

時代錯誤の情報は誰も欲しがりません。

辞めた理由はやり切った感があったのと、将来性が感じられなくなったからでした。

今、思えば、辞める潮時(しおどき)だったのだと思えます。

 

仕事を辞める前、次の仕事は白紙でした。

不安がなかったといえば嘘になりますが、在宅デザイナーの道を切り開く決意がありました。

どんな方法でも実現できると信じていました。

少し時間はかかりましたが、今は在宅で望んだ仕事と報酬を手にすることができるまでになりました。

信じて、行動を起こすことは大切です。

信じれば道は開けます。

 

今、会社を辞めようか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そんなときは、心の声を素直に聞いてみてはいかがでしょう。

 

努力とか、辛抱とか、根性とかが大事にされた昭和の時代からも遠くなり、風の時代はもっと軽やかになっていいんだと思えます。

つらいところからは、よいものは生み出せないな〜と感じています。

風の時代の仕事は、コミュニケーションが鍵!

風の時代は、働く時間、場所から自由になります。

人間関係のしがらみからも解き放たれます。

わたしは風の時代なんてまったく知らなかった数年前、仕事にやりきった感と卒業感を感じて退職しました。

 

ほどなく風の時代に入り、環境・時間の束縛から解き放たれて、自分の居場所をみつけることができたことは幸運だった、と思います。

準備期間を経て、フリーランスのデザイナーとして歩み出しました。

 

風の時代の仕事は、コミュニケーションが大事になってきます。

時間と場所から自由になれるのですが、必要なコミュニケーションは密になります。

なぜならば、風の時代は個の時代であると同時に、個が責任を持つ時代でもあるからです。

 

仕事を円滑に進めるためには適切なコミュニケーションと相手への気遣いが欠かせません。

わたしは、あるコミュニティに属して在宅でデザインの仕事をしているのですが、このコミュニティがとても風の時代っぽいんですよね。

情報共有・シェア

ノウハウやテクニックなどの共有

仲間意識

仲間がみな、コミュニケーションスキルが高く、とても働き心地が良いのです。

神的にネットリテラシーが身についた人ばかりなのです。

全員がリモートで仕事していますから、パソコンの向こう側にいる相手への気遣いがこまやかですばらしい!

インターネットは場所だけでなく、人と人をつなぐ魔法のツールでだと、実感しています。

 

過去に働いた会社では、インターネットをネガティブな使い方をしていました(無理な指示を出す、皮肉を言う、間違いをとがめる)。

根性論を振りかざす昭和の精神でインターネットを使っていたから、うまく機能していなかったのです。

 

ツールは使い方ひとつで、人の気持ちを支配します。

インターネットも風の時代らしく、横のつながりを大切に軽やかにシェアしていきたいですね!

風の時代の仕事、起業のハードルが低くなる!

これまでも、自分の得意分野を生かしたプチ起業の流れはみられましたが、風の時代にはインターネットを使った起業がますます増えていくでしょう。

個人で発信するといえば、ブログやユーチューブですが、個人の知識や経験がお金になることが増えていきそうですね。

自分の商品をパッケージ化してネットで販売している人も多いです。

人のためになる情報がお金に変わります。

大事なのは、ひとりよがりでなく、悩んでいる人、困っている誰かのためになること。

ビジネスの種を見つけるのは、アイデア次第です!

風の時代に乗るには!

見えないものに価値がおかれる時代になってきますから、ものごとを決定するとき直感の出番が多くなります。

風の時代に乗るには、直感で好きだな〜いいな〜と思ったことはやってみましょう。

向上心がある人、成功している人は、チャンスを捉える直感が研ぎ澄まされています。

チャンスをとらえる直感力を鍛える方法については、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

ビジネス書を読んでいると、今の自分があるのは、あのとき直感に導かれるように決断をしたからです。といったことばがちょくちょく出てきます。向上心がある人、成功している人は、チャンスを捉える直感が研ぎ澄まされています。この[…]

富士山

それと気づき。小さな変化を見逃さず、チャンスに気づきましょう。

あと柔軟性も大事ですね!

昭和世代には、考え方を変えられない人たちもいます。

自分の親とか、もう今さら考え方を変えるのは難しいです。

そういった人たちの価値観も尊重して、柔軟なものの見方をすること。

風の時代は、十人十色どころか百人百様の価値観の世界に移っていきます。

自分は風の時代に乗れても、他人まで無理に風の時代に乗せなくよいのです。

風の時代については、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

西洋占星術では2020年の年末から、新しい時代に入りました。「風の時代」です。占星術や星占いを信じるか信じないかは別としても2020年の幕開けからほどなくして全世界に広がった新型コロナウィルスが、時代の変わりめを予感[…]

海

 

今、時代の大きな流れがきていると、多くの人が感じ取っていると思います。コロナ禍をきっかけとして、価値観に変化を感じている人もいるのではないでしょうか。パラダイムシフトについてについては、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

ビジネス雑誌やテレビの特集番組でパラダイムシフトということばをよく目にするようになりました。この記事では、パラダイムシフトとは何か?パラダイムシフトを個人でどのように対応して生かすことができるのかについてお伝えします。[…]

パラダイムシフト

 

風の時代は、自分の責任で仕事をしていく時代になっていきそうですね〜

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!