紅白幕にはどんな意味がある?由来や青白幕との違いについても知りたい!

卒業式や入学式で張られる紅白幕。

張り巡らすだけで、場の雰囲気が一気に変わりますよね〜

この記事では紅白幕の意味や歴史、黒や青の幕についてもお伝えします。

紅白幕にはどんな意味がある?

卒業式の紅白幕
卒業式の紅白幕

紅白饅頭、紅白歌合戦、紅白かまぼこなど、日本には紅白を縁起の良い色とする風習があります。

紅白

日本における「紅白」のルーツは源平合戦とされている。源氏が白旗を、平氏が紅旗を掲げて戦った際に用いられた配色であり、対照的な色合いでもあることから、日本において、伝統的に対抗する配色として用いられるようになった。ただし、紅白のルーツについては他の説も存在する。

※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

紅白の歴史は、源平合戦までさかのぼるのですね!

そういえば、日本の国旗も紅白の配色です。

水引きも紅白です。

小学校の頃体育の授業ではリバーシブルの紅白帽をかぶりました。あれも紅白でしたね。

紅と白は遠くから見ても、見分けがつきやすく、区別しやすいということで昔から使われてきたことがわかります。

紅白幕の由来は?

卒業式の紅白幕
卒業式の紅白幕

では、紅白幕はいつ頃から使われてきたのでしょうか?

歴史は意外と浅く、昭和初期ごろからだといわれています。

戦後、入学式や卒業式、結婚式などお祝いのシーンが増えてきたことで、発案されました。

体育館に紅白幕を張り巡らすと、体育館がよそいきに変わります。

一気に祝賀ムードになり、色の持つ力って大きいな〜と感心した思い出があります。

紅白幕と青白幕との違いは?黒白幕は?

紅白幕の他に、青と白の青白幕もあります。

主に神事のときに使われる幕で、地鎮祭で祝詞(のりと)を上げる周りだけ、青白幕で囲う使い方をします。

他には、竣工式のときなどにも青白幕を使う地域もあります。

青白幕
竣工式の青白幕、清々しい青が気持ちよい!

黒と白の幕、黒白幕は、通夜や葬儀のときに使われます。

黒白幕は鯨幕(くじらまく)ともいい、鯨の背中(黒)とお腹(白)の2色からこの呼び名があります。

もともとは黒は高貴な色で、皇室行事でも昔から黒白幕が使われており、現在でも皇室行事や出雲大社の大祭では黒白幕が使われます。

古来より日本の弔いの色は、白でした。

明治になって西洋文化が入ってきて、黒が弔事の色になったのです。

そんな歴史背景から、葬儀社が黒白幕を葬儀の際に使うようになりました。

色の意味も歴史とともに変わるのですね!

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!