観世清和氏 前妻とは離婚?息子は観世三郎太さん、能楽師として活躍中!

能楽師の先生は私生活がベールにつつまれているほうが、見るほうも想像力をはたらかせる余地があるので、個人的には妻や奥様のことはわたしは積極的に知りたいとは思いません。

でも、日本を代表する能楽の名門、観世流宗家の観世清和さんの妻について知りたいという要望が多く、今回調べてみました。

この記事では、観世清和さんの妻や離婚、息子さんの三郎太さんについてお伝えします。

観世清和氏は前妻と離婚?現在は?

観世流の宗家である観世清和(かんぜきよかず)さんは、過去に観世流の関係者に妻を告発する文書を流したり離婚騒動を起こしたりと、ちょっとしたごたごたがあったようです。

一時期、週刊誌合戦が繰り広げられセンセーショナルな話題になりました。

離婚や前妻については、確かな情報を得ることができませんでした。

 

2021年に皇居外苑でおこなわれた日本博「祈りのかたち」に関するインタビューで、後継の息子への妻の内助の功を、このように語っています。

息子への稽古は夫婦の共同作業でした。学校から帰ってきた三郎太を家内がうまく稽古場へと導いてくれました。

※出典:紡ぐプロジェクト「日本博」インタビュー 読売新聞 2021年3月7日紙面より

夫婦で協力して、息子さんをお育てになった様子がよくわかりますね!

日本を代表する能楽の家元の妻ともなると、家庭の切り盛りも重圧が大きいと思います。

能楽師の妻は、歌舞伎の世界と違い、ほとんど表にでることがありません。

歌舞伎役者の妻は、お得意さんへのあいさつ回りや、お客様の接待など、裏方として夫(役者)を支えるはたらきをテレビでも目にしますが、能楽師の妻はそういった姿をマスコミに報道されることもほぼありません。

 

観世清和さんは現在、妻と一緒に旅行や音楽祭を楽しんでおられるようです。

もし離婚されたのが本当ならば、再婚されたことになりますね。

もしくは離婚していなかった可能性もあります。

観世清和氏の息子は観世三郎太さん、能楽師として活躍中!

観世清和さんの息子は観世三郎太(かんぜさぶろうた)さんです。

現在、大学生で学業と能の修業とを並行しています。

 

本名:観世三郎太(かんぜさぶろうた)

出身地:東京都

生年月日:1999年

学歴:立教大学法学部在学中

活動履歴:

五歳で初舞台

2021年3月 皇居外苑で開催された日本博特別公演「祈りのかたち」おきな」「石橋しゃっきょう」に出演

現在、学業と修業を両立中

 

今、こうやって息子の三郎太さんが能の稽古に励み、20歳を越え大きな舞台に立たれる日がきたことで

観世清和さんも三郎太さんの活躍に期待されていることと思います。

観世流は伝統を守りながら革新にも挑む!

観世流といえば、世阿弥(ぜあみ)を祖先にもつ能楽の名門であり、日本でも一番大きな能楽の流派です。

能楽は700年の歴史を守り続けるだけでなく、新しい客層、新しい見せ方を探り続けています。

観世流も例外ではなく、閑静な都心の一等地に構えていた活動の拠点を、商業地である銀座に移したのが、2017年。

渋谷区松濤(しょうとう)は電車の駅からも距離がありました。

観世清和さんは、拠点を移した理由についてこう語っています。

商業地に能楽堂を構えることで、これまで能に親しんでいた人以外の層にも、能の魅力、見る機会を提唱したかった、と。

移転先は、GINZA SIX | ギンザ シックスの地下一階。

商業ビルの地下にある能舞台も話題性がありますね。

お買い物のついでに、ちょっと能でも見てリラックスしていこう〜

そんな利用のしかたもありかもしれません。

 

合わせて読みたい

能と狂言の役者さんをあわせて能楽師とよびます。 能楽師で有名な役者さんといえば、野村萬斎さんがまず思いつきますね。 野村萬斎さんは狂言方(狂言を専門とすること)で、最近では「狂言師」という呼び方もします。 能を専門とする役[…]

能舞台

 

合わせて読みたい

能楽師は歌舞伎俳優のようにテレビでお目にかかれる機会が少ないので、なじみが少ないかもしれません。 そやけど、能楽師にはイケメンの人が多いんですよ。 能面をかけはると、甘いマスクは能面の下。 ちょっともったいないんですけどね[…]

能舞台

 

合わせて読みたい

能舞台には松が描かれていますが、どんな意味があるのでしょう。 この記事では、能舞台にある松の意味と、能舞台の歴史、独特の工夫やしかけについてもお伝えします。 能舞台にはなぜ松が描かれているの?鏡板って何? 能舞台の正面に座ると、奥に大[…]

石川県立能楽堂の能舞台

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!