苦は楽の種|今の苦労には意味がある!厚みのある人生を生きよう

苦は楽の種、ということわざがあります。

読んで字のごとく、苦労は将来 楽をするための経験だという意味です。

この記事では、ことわざ「苦は楽の種」の意味と使い方をお伝えします。

「苦は楽の種」意味は?

今している苦労は、きっと将来楽になる種のようなものです。

苦労という種に水をやり、肥料をやり、手をかけて育てると、やがて花を咲かせます

その花が、苦労を忘れさせてくれるほどに、楽をさせてくれます。

がんばって育てたごほうびです。

 

だから若いときの苦労は買ってでもしろ、といいます。

苦労は、自分のためになるからです。

「苦は楽の種」誰の言葉?語源は?

「苦は楽の種」は、江戸時代の武士、水戸黄門でおなじみの徳川光圀の名言です。

徳川光圀は、情け深い藩主だったようで、貧しい人や困っている人に情けをかけました。

苦労が多い民衆たちを、この言葉で励ましました。

いつか、苦労が報われる、と。

「苦は楽の種」人生に生かす!

苦労をしている最中は、客観的になれないものです。

いつまで苦労が続くのか、なんでこんな苦労ばかりしなければならないのか、悲しみにくれるのも無理はありません。

 

そんなとき、「苦は楽の種」このことばを知っておくだけで、心持ちが変わりませんか?

今は苦しいけど、この苦労は楽をするための種だと知ると、乗り切ってやろうじゃないか、と気力がわいてきます。

 

出口の見えない人間関係のもつれ

会社では上司や同僚からモラハラを受けている

家庭では嫁姑問題で心が晴れない

 

人間生きていると、どんな苦労もあります。

つらくても、この苦労はあとできっと報われるときがくる。

そう信じて、意味のある苦労を俯瞰(ふかん)してみてください。

 

そうはいっても、最中はそんな余裕はないかもしれません。

でも、この言葉を知っておくだけで、苦労にも意味があるんだという知恵を持てます。

 

「苦は楽の種」類語は?

「苦は楽の種」の類語を集めてみました。

 

若いうちの苦労は買ってでもしろ
苦あれば楽あり
止まない雨はない、明けない夜はない
禍福はあざなえる縄の如し
転んでもただでは起きない

 

 

【転んでもただでは起きない】については、こちらに詳しくまとめています↓!

合わせて読みたい

人生に失敗はつきもの。 天才外科医の大門未知子ならいざ知らず、ふつうの人は失敗を繰り返して成長するものです。 失敗しても生きていかなければならない 「転んでもただでは起きない」すべを身につけて、経験を財産にしてしまいましょ[…]

大波

 

苦労をのりこえたとき、意味がわかるのかもしれません。

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!