伊勢神宮門前ではしめ縄を一年中飾るのはなぜ?商家民家の玄関に笑門の文字が!

しめ縄といえば一般的には、お正月に玄関に飾る縁起物です。

また、出雲大社の大しめ縄も有名ですね。

しめ縄とは「結界」を示しています。

なるほどお正月に玄関にしめ縄を飾り、年神さんようこそお越しくださいました、我が家へどうぞおあがりくださいと迎え入れます。

わたしたちの暮らしではお正月と結びついたしめ縄ですが、一年中飾られている地域があります。

そこは、伊勢神宮のおひざもと、伊勢なのです。

この記事では、伊勢神宮の門前町に一年中、しめ縄が飾られているわけを調べました。

伊勢独特の風習!しめ縄が玄関に一年中飾られている!

伊勢ではしめ縄が一年中飾れられいる
伊勢ではしめ縄が一年中飾れられいる

伊勢神宮のある伊勢では、商売屋さんだけでなく、民家の軒先にも一年中しめ縄が飾られています。

訪れたのは7月の真夏。

外宮さんの門前町を歩いているとき、家々の玄関にしめ縄が飾られているのを目にしました。

しめ縄といえばお正月のイメージでしたから、この光景はとても不思議でした!

何かわけがあるのだろうと月読宮(つきよみのみや)でたずねたところ、伊勢では無病息災を願う魔除けとして一年中しめ縄を飾るという風習があることがわかりました。

なんてすてきな風習なんでしょう!魔除けって、しかもしめ縄は結界を示すもんやから、神々の集う伊勢とはなんか深い意味があるように思えますね〜

伊勢ではしめ縄が玄関に一年中飾られている由来とは?

伊勢ではしめ縄が一年中飾れられいる
伊勢では商家はもちろん民家でもしめ縄が一年中飾れられいる

日本の国がまだかたちをなしてしなかった昔むかしのこと

全国を旅して歩いていた八百万(やおよろず)の神・スサノオノミコトは、とっぷりと日の暮れた伊勢で泊まることろがなくて困っていました。

そんな様子を見た貧しい蘇民将来(そみんしょうらい)という人が、たいしたおかまいもできませんがよろしければお泊りくださいと、一夜の宿を用意してくれました。

スサノオは一夜の宿を恵んでくれたお礼に、不思議な効力を持つお札を授けました。

天災や疫病など困ったことがあればこの札を身につけて知らせるようにと言って、次の目的地へと発っていきました。

伊勢のしめ縄、文言の意味は?

伊勢のしめ縄は、お相撲さんの腰回しにも似たかたちで、ボリュームのある姿をしています。

末広がりのかたちをしていて縁起がいいですね。

文言には一年中しめ縄をかける由来となった「蘇民将来」の文字が書かれています。

「蘇」とはよみがえる という意味もある中国から伝わった漢字です。

「蘇」は聖徳太子も食べたという古代のチーズとしても知られている漢字ですね。

そんな「蘇」の「民」生きとしいける人々が「将来」未来もすこやかに生きていけるようにとの願いを込めたのでしょうか。

伊勢ではしめ縄をいつ掛け替えるの?

伊勢神宮の門前、おはらい町。しめ縄が一年中飾られている。
伊勢神宮の門前、おはらい町は歴史ある建物が立ち並ぶ

一年中しめ縄を飾る風習のある伊勢ですが、他の地域と同様お正月に新しいしめ縄に掛け替えます。

一体いつがかけ替え時なんだろう?って疑問でしたが、かけ替え時は普通にお正月でした。

一年間の無病息災に感謝して、年神さんを迎えるために新しいしめ縄に掛け替えます。

伊勢神宮の門前町の世にも珍しくておめでたい一年中のしめ縄、伊勢神宮におでかけになるときには必見ですよ〜〜

一生に一度はお伊勢参り、お伊勢参りで神様に出会った体験談については、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

伊勢神宮、そこには人知の及ばない不思議な気が宿る日本有数のパワースポットです。 伊勢神宮を参拝するのは2回めでした。 今回は伊勢神宮で起きた不思議体験と、出来事を紹介します。 伊勢神宮外宮での不思議体験とできごと 2020年[…]

伊勢神宮で現れた光

 

神社にお参りしたとき神様から歓迎されているサインについては、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

伊勢神宮に代表されるように、神様に呼ばれないと行くことができない神社は存在します。 人との相性があるように 神社との相性も、どうやらあるようです。 あなたは神社にお参りしたときに、なんらかのサインを受け取ったことはあります[…]

伊勢神宮・内宮の神馬(しんめ)

 

お伊勢参りに行かれたときにはぜひ、珍しい風習「一年中しめ縄」を見てみてくださいね〜

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!