鬼門が欠けていると家相が良くないのは本当か?京都御所にみる発想の転換【対策】

「鬼門」新築の際に、一度は耳にすることばですよね。

家を建てるとなれば、鬼門について調べたことがある人もいるでしょう。

わたしもそうでした。

建ててしまってからはほとんど忘れてしまうのですが笑

 

この記事では鬼門が欠けている場合、本当に家相が良くないのか?について書いています。

現在、新築またはリフォーム計画中で、鬼門について不安をお持ちの方のご心配や不安をやわらげることができればさいわいです。

鬼門欠けとは何?

鬼門の調べ方、家の対角線の交わった点と方位盤の中心点を合わせると家の鬼門の場所がわかる
鬼門の調べ方、家の対角線の交わった点と方位盤の中心点を合わせると家の鬼門の場所がわかる

鬼門とは?

鬼門とは家相を考える上で避けられない考えです。

家相学とは、家の間取りや方角を研究する学問です。

もともと中国から入ってきた環境学や陰陽道が元になっていて、よく知られている風水も家相学の一種です。

 

家の中心から見て「東北」にあたる方角が鬼門といわれています。

東北は、日当たりが悪く、寒気や湿気が入り込みやすいため、家相的に凶の方角とみられています。

昔から、ご不浄(ふじょう)といわれるトイレや、水回りを東北の方角に持ってくるのは、悪い気がたまりやすいのでよくない、とされてきました。

つまり家の中心から見て「東北」の方角は、陰気(いんき)な方角で、鬼やもののけは東北から入ってくると考えられていました。

 

家相の本を読んだり調べたりすると、鬼が出入りするとか、不安になるようなことが書いてありますが、必要以上に気にすることはないと、わたしは思っています。

実際、わたしも家を建てましたが、鬼門から鬼が入ってきた経験はありません(といっても鬼は目には見えませんが笑)

 

鬼門欠けとは?

家相学では、家は真四角や長方形が吉とされています。

凹凸のある家屋は、凹凸の大きさにもよりますが凶の運になりやすいといわれています。

理由は、建物(家屋)の「欠け」は「欠ける」に通じ、縁起がよくないと考えられているからです。

まして、鬼門の方角が欠けていると、それでなくとも欠けがよくないのに、鬼門の方角が欠けているのは凶相だというわけです。

鬼門欠けは家相が良くないのか?

鬼門欠け、つまり鬼門の方角(家の中心からみて東北にあたる方角)に凹み(へこみ)があると家相がよくないといれます。

本当にそうなのでしょうか?

なぜそう言われるようになったかを、わたしなりに考察してみました。

鬼門欠けが凶だとされる理由(仮説)

  1. もともと、鬼門の方角は鬼が出入りする出入り口のため、不吉な方角である。
  2. 建物に欠けがあるのは、欠けるに通じるので凶である。
  3. 鬼門が不吉な方向であるのに加え、鬼門が欠けているのはさらに不吉を増長させて凶である。

 

鬼門と欠けとが足し算されて、凶となったのではないでしょうか(仮説)

 

鬼門欠けをわざと作った例が、京都御所

京都御所、鬼門である東北の角を凹ませた塀
京都御所、鬼門である東北の角を凹ませた塀。鬼門そのものをなくす、鬼の角(つの)をとるという考えに基づいている。

鬼門欠けが凶だといわれていますが、鬼門にわざと「欠け」を作った例をご紹介しましょう。

京都御所の北東の角は、塀(へい)の一部が欠けています。

凹んでいます。

これは、鬼門にあたる北東の角を凹ませることで、鬼門そのものをなくしてしまうという考え方です。

東北は鬼の出入り口、それならば鬼門をなくしてしまえばよいと、東北の角を凹ませたのです。

 

珠緒
なんとも逆説的な発想ですね!スバラシイ!

 

1200年以上も昔、斬新な考えで鬼門をなくし、今でも天皇家が続いているのですから、鬼門欠けは凶どころか、良い効果さえあったのでは?

と考えてしまいます。

(御所は天皇家のお住まいでした)

 

家相的に欠けは凶だといわれており、鬼門欠けはさらに凶だと言われていますが、このように考えてみると、

そんなに恐れることはないと思えませんか。

鬼門欠け、逆に気にしずぎは良くない

建物の欠けや、鬼門欠けは家相がよくないといわれても。真四角な土地に真四角な家を建てられる人ばかりではありません。

隣の敷地との関係や、土地の形状によって、凸凹(おうとつ)のある建物になる場合だってあります。

実は我が家も、土地の形状や設計の関係で、東北に欠けを作りました。

鬼門と知っていて、あえて欠けをつくったのです。

まさに、京都御所の鬼門の考え方です。

 

数十年も住んでいますが、平穏無事に暮らせているのは、土地の守り神さまが鬼やもののけを入り込まないように守っていてくださるからだと感謝しています。

地鎮祭は土地の守り神様にあいさつをする儀式、絶対やったほうがよい!

合わせて読みたい

家を建てるとき、今でも昔から行われている地鎮祭(じちんさい)。読んで字のごとく、地鎮祭とは土地を鎮める(しずめる)と書きます。地鎮祭では実際に土地の神様を鎮めるために、「鎮め物(しずめもの)」というお守りを土地に埋めるのです[…]

地鎮祭

 

もし、鬼門欠けがあっても、気にしすぎはよくありません。

ものごとは、陰陽の関係で成り立っています。

入口と出口

太陽と月

北と南

福と鬼

どちらもがよいバランスで成り立つとき、しあわせがとどまってくださるのです。

 

鬼門に対する一般的な知識を持った上で、鬼門や裏鬼門を常に清浄に保ち、平穏なくらしに感謝してすごしましょう。

 

裏鬼門については、こちらに詳しくまとめています↓

合わせて読みたい

鬼門は、家を建てるときに一度は聞いたことがあるでしょう。今では、恵方巻きを食べるときくらいしか意識していない方位ですが、鬼門と方位は密接な関係があります。この記事では、鬼門とは何か、鬼門とセットで知っておきたい裏鬼門について[…]

新築するときは方角を気にする

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!