ディーンフジオカがイケメンすぎる!五代友厚を演じながら曲作り?本名や出身は?

清廉(せいれん)な瞳、鍛え上げた肉体で、世の女性をメロメロにしてくれるディーンフジオカさん。

英語・中国語など5カ国語をあやつり、ミュージシャン、映画監督、モデルとしても活躍中です。

この記事では、バイリンガルにマルチに活躍するディーンフジオカさんの、イケメンぶりと魅力に迫ります。

ディーンフジオカ、大河ドラマ「青天を衝け」での活躍

ディーンフジオカ 五代友厚役 ※出典 NHK『青天を衝け』
ディーンフジオカ 五代友厚最後の出演シーン ※出典 NHK『青天を衝け』

ディーンフジオカさんの登場シーンは、2021年11月27日が最後となりました。

明治の実業家、五代友厚は志半ばで、病気で亡くなってしまいました。

「商い(あきない)で日本が変わっていくところを、この目で見てみたかった。渋沢くん、日本を頼んだぞ」

渋沢栄一にこのことばを託して。

 

 

ディーンフジオカ 五代友厚役 ※出典 NHK『青天を衝け』
ディーンフジオカ 五代友厚役 スーツの背中のシワに匂う男の色気 ※出典 NHK『青天を衝け』

後ろ姿の上着の背中のシワに、男の色気を感じてしまうのであります〜

右側奥に見える棒グラフはおそらく、岩崎と共同運輸との熾烈な業績比べでしょう。

経済を動かした男たちのロマンが、イケメン揃いの俳優さんによって再現された贅沢な大河ドラマであります。

ディーンフジオカがイケメンすぎる!彗星のように現れた朝ドラ「あさが来た」での五代さま、五代ロス現象も!

朝ドラ「あさが来た」で鮮烈な俳優デビューを飾ったディーンフジオカさん。

五代友厚役のディーンフジオカさんをテレビで初めて見たとき、誰?このイケメンの俳優さん!!

すぐググりましたよ。

 

珠緒
ほんまにわたし好みで、毎朝胸キュンで1日が始まる毎日でした💛

 

新しい時代の商売を切り開いていく希望の持てる展開に、わくわくしながら見入っていました。

五代友厚は彗星(すいせい)のように現れ、日本が近代国として成長していく時代の申し子でした。

役としての登場のしかたと、ディーンフジオカさんの俳優との実績がリンクして、すがすがしい印象を受けました。

 

残念ながら五代さまは49歳という若さで、志半ば(こころざしなかば)で亡くなってしまいます。

突然の別れに、五代ロスなる現象も巻き起こします。

 

珠緒
そら、あんだけイケメンの五代さまが突然出演しいひんようになったら、ロスにもなるわ、わたしもそうやったし

ディーンフジオカは生き方もかっこよすぎる!

ディーンフジオカさんがかっこいいのは見ての通りですが、かっこいいだけの人ではありません。

生き方もかっこよすぎるのです。

人は見た目が○〇割とか言いますが、見た目はその人の内面を映し出すのですね。

 

ディーンフジオカさんは、いわゆる逆輸入の俳優さんです。

2004年に香港で芸能活動を始めて、ジャカルタや台湾で活躍の幅を広げてきました。

 

なぜ香港から始まったのかって?

アメリカの大学を卒業したディーンフジオカさんはバックパッカーとして数カ国を放浪しながら生活していました。

放浪先の香港でスカウトされモデル・俳優として芸能活動をはじめます。

その後、台湾でテレビドラマデビュー

2011年から日本で俳優として活動をはじめ、活動拠点を日本に移しました。

並行してミュージシャンとしても活動し、2021年には全国ライブツアーも行いました。

 

ジャンルにとらわれず表現を突き詰め、やりたいことに精力的に取り組むバイタリティ。

アプローチの手段は、演じる・歌う・作る、

いろいろな角度から可能性を追い求めています。

表現の道を探るディーンフジオカさんの今後の活躍が楽しみです。

ディーンフジオカさん、高校時代は不良少年?

ディーンフジオカさんの通っていた高校は、千葉県でも有数の進学校でした。

ディーンフジオカさんは高校時代にメタルバンドを組んでいて、ピアスをしたりバイクに乗ったりと、とがった少年だったようです。

高校卒業後、ITを学ぶためアメリカの大学に進学します。

しかれたレールの上を走るのではなく、自分の力で生きていきたいという思いがあったと語っています。

 

しかし、まもなく同時テロが起き、世界が大きく動き出します。

その後はビジネスの種を見つけにアジア圏に拠点を移し香港でモデルとしてデビューしたのが芸能活動の始まりでした。

大河ドラマの五代友厚を演じながら曲作り

ディーンフジオカさんは子どもの頃から、音楽に身近に親しんできました。

母親はピアノの先生で、家には防音室がありました。

ピアノ、電子オルガン、ドラムなどの楽器に親しみ、家ではクラシックが流れている家庭に育ちました。

防音室がある家庭で育ったなんて、かなりのお坊ちゃんですね。

 

ディーンフジオカさんは、俳優の印象が強いのですが、ミュージシャンでもあります。

大河ドラマ「青天を衝け」の撮影中に、自身が演じる五代友厚に導かれるようにして作曲した曲が「Hiragana」だといいます。

五代さまが夢枕に立って、このような曲を作りなさいと方向性を示してくれたのだとか。

 

前回の朝ドラ「あさが来た」での五代友厚役は2015年、2021年の大河ドラマでも奇しくも同じ役を演じ

役柄からインスピレーションを得て、曲作りまでしてしまうとは!

感受性豊かで、器用なお人なのですね。

 

ディーンフジオカの本名、出身は?

ディーンフジオカさんの本名は、藤岡 竜雄(ふじおか たつお)さんです。

古風でありながらも、スケール感の大きなすてきなお名前ですよね。

ご両親の、大きく羽ばたいてほしいという願いがこめられているのでしょうか。

 

国境を越え世界を舞台に活躍されているディーンフジオカさん。

名は体を表すといいますが、まさにそのとおりですね。

 

ディーンフジオカさんは純粋な日本人です。

出身は福島県。

幼い頃、父親の仕事の関係で千葉県に引っ越しされています。

芸名の由来は、香港で芸能活動をはじめるとき、イングリッシュネームを使う必要があったからだとか。

留学したときにホームステイ先で呼ばれていた「ディーン」をイングリッシュネームにつけたと話しています。

 

これからもディーンフジオカさんの活躍を楽しみにしています。

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!