白髪染めのトリートメント(市販品)のおすすめヘナ!つやも出ておしゃれアッシュになる!

髪の悩みはどんな人にもあるものですね。

40代、50代の女性の髪の悩みといえば、白髪でお悩みの人も多いと思います。

わたしは30代のときからずっとヘアカラー、いわゆる白髪染めですね、を使い続けてきましたが、数年前、市販の白髪染めをやめました。

で、今使っているのが、カラートリートメントです。

白髪の多いわたしは、カラートリートメントなんかでは白髪を隠しきれないのではないか、と最初は疑っていたのですが、使い始めてみると、髪がやわらかくなって、白髪もばっちりきれいな色に染まりました。

カラートリートメントは白髪染めと違って髪も傷まないし、つやも出て気に入っています。

しかもアッシュ風になっておしゃれ感もアップする上に、白髪も目立ちにくくなります。

もしあなたが白髪で悩んでいたら、カラートリートメントのヘナで染める白髪染めを試していただきたいと思います。

 

市販の白髪染めをやめてカラートリートメントに切り替えたきっかけ

もともとわたしの髪は真っ黒で、髪が伸びる(育つ?)のも異常に早く、新しく伸びた根本がすぐ白くなって悪目立ちしていました。

真っ黒の中に白髪の髪が混ざっているので、白髪が目立ちやすいんです!

そのため、市販のヘアカラーで3日に1回は染めていたんです。

頻繁に繰り返し使っていたせいで、髪はパサパサ。

市販のヘアカラーは鼻にツンとくる刺激臭や、地肌にピリッとくる刺激があり、体調がよくないときには地肌が赤く腫れることもありました。

こんなにつらい思いをしてまで、髪を染めるのは体にもよくない。

50代になって、刺激のあるものはできるだけ使いたいたくないと思うようになりました。

 

そんなとき、ドラッグストアで見つけたのがカラートリートメントのヘナ。

ものは試しと一回使ってみたところ、刺激臭もなく、数回で根本の白髪が染まりました。

効果を確認できたので、ヘナのカラートリートメントに切り替えたのです。

白髪染めのカラートリートメント、市販品のおすすめはヘナ!

ドラッグストアのヘアケアコーナーに並ぶカラートリートメントの種類も、最近はぐっと増えた印象があります。

どれを選んだらよいか迷っている人も、多いのではないでしょうか。

 

わたしは、美容師さんに勧められたヘナを使っています。

ヘナといっても、ペースト状になっているので、使いやすいです。

カラーは4色ほどあるのですが、わたしのお気に入りは、ダークブラウン。

しかも、このカラートリートメントのヘナ、テレビCMなど一切やっていないのですが、使ってみて良さを実感できました。

 

30代の頃、ヘナは使ったことがありました。
その頃のヘナって、粉末一択でした。
ヘナは葉っぱからできているので、青臭い葉っぱの匂いがして
お湯で練って、2〜3時間ほども髪につけていないと着色しない、そんな自然由来の商品らしい染め方でした。

 

でもご安心ください。

ヘナは進化しました〜

ご紹介するヘナはペースト状で、チューブから出してそのまま髪に塗れます

時間も15分ほどおくとよいです。

でもしっかり着色したいときは、30分〜おくともっと染まります。

ヘナは自然由来の染料なので、長時間おいても頭皮や髪に負担をかけません。

白髪染めのカラートリートメント、ヘナのカラーバリエーション

ヘナは自然由来なので、白髪の量や髪質によって発色が異なります。

つまり、同じ色番を使っても、一人ひとり違う色になるのです。

あなただけの髪色に!

なんてステキな響き〜

 

ヘナのカラーバリエーションをご紹介しますね。

 

ソフトブラックはこちら

黒髪にこだわりたい人におすすめ

染め用のブラシのおまけつき(Amazon限定)で、届いてすぐに使えます(ドラッグで売っているヘナには染め用ブラシはついていません)

珠緒
わたしはこのブラックを使うと、一部がなぜか紫色に着色します。
紫のメッシュを入れているみたいに。
友人に、かっこいい色になってる〜って驚かれました。

 

ブラウンはこちら

明るいブラウンが好きな人に

染め用のブラシのおまけつき(Amazon限定)で、届いてすぐに使えます(ドラッグで売っているヘナには染め用ブラシはついていません)

 

ダークブラウンはこちら

深みのあるブラウン

染め用のブラシのおまけつき(Amazon限定)で、届いてすぐに使えます(ドラッグで売っているヘナには染め用ブラシはついていません)

珠緒

わたしは現在、こちらを愛用しています。

浮き過ぎない落ち着いたおしゃれな栗色に染まります。

 

 

アッシュダークブランはこちら

ニュアンスのある色味です。

染め用のブラシのおまけつき(Amazon限定)で、届いてすぐに使えます(ドラッグで売っているヘナには染め用ブラシはついていません)

ヘナは着色すると髪質によってメッシュ風にもなる

ヘナは髪質や髪の量、もともとの髪の色によって着色のしかたが異なります。

一度使ってみて、どの色が自分に合うかを決めていけばいいと思います。

 

白髪の部分に色が入ると、部分的にメッシュのようなニュアンスが出ます。

狙ったわけではないのですが、部分的にメッシュになって、おしゃれな雰囲気になりました、わたしの場合。

 

わたしは4色とも使ってみましたが、どの色を使っても、なんか白髪染めできっちり染めた自分とは違う、新しい自分になれる気がしました。

 

わたしは白髪染めからヘナに切り替えて、しばらくぶりに会った友人から、雰囲気が変わったとほめられました。

ヘナの色味がイメージに合っている〜って言ってもらってうれしかったです。

 

珠緒
白髪染め、何使ってる?とよく聞かれます。もちろんヘナを口コミしています。

わたしの髪は今、明るめのブラウンと暗めのブラウンとがミックスした色味です。

ブラウンは白髪の色が目立ちにくくて気に入っています。

ヘナは色落ちする段階で色が変化してアッシュ風になる

ヘナは染め上がりと、色落ちしていく段階とでは、色の変化も楽しめます。

その人の髪質によって、オレンジがかって見えたり、紫のようだったり、ときにはピンク寄りになることも。

 

それとヘナの特徴として、色落ちするときにアッシュ風になるということがあります。

アッシュとは、くすみのある灰色のことで、最近では若い世代にも人気の髪色です。

 

白髪世代だからこそ楽しめるニュアンスのあるアッシュ。

色落ちしていくときに、グレーがかった自分だけの灰色になっていくから、色落ちも楽しめます。

 

色落ちしてきたなという頃に追い染めして、色の変化も楽しんでいます。

わたしの場合、10〜2週間で追い染めするペースですね。

ヘナのカラートリートメント、効果的な使い方

ヘナのカラートリートメントは、シャンプー前の乾いた髪につけると効果的に着色します。

ただし、髪の毛にオイルなどをつけていない場合です。

わたしは自宅で仕事をしているので、外に出かけない日は髪になにもつけないのでシャンプー前にヘナのトリートメントをしています。

 

シャンプー後にトリートメントをする場合は、髪の水分をタオルでとってヘナをつけて10分〜おきます。

浴槽で温まったりして待ちましょう。

どんな髪色に染まるか楽しみですね。

大人髪を楽しんでくださいね。

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!

ダークブラウンはこちら

深みのあるブラウン

わたしはもこちらを愛用しています

染め用のブラシのおまけつきで、届いてすぐに使えます

アッシュダークブランはこちら

ニュアンスのある色味です。

染め用のブラシのおまけつきで、届いてすぐに使えます