【千疋屋のギフトの口コミ】高級果物詰め合わせの味は何がどう違う?

千疋屋といえば高級果物の老舗。

名前は知っていても、自分では買うきっかけもなく一度も食したことがありませんでした。

贈答品で使われることの多い千疋屋のギフト、果物詰め合わせをこのたび内祝いでいただきましたので、正直な口コミをレポートします。

千疋屋のギフトをいただいた!本音の口コミ!

千疋屋の果物詰め合わせ
千疋屋の果物詰め合わせ、バイヤーセレクトの詰め合わせ

届いたのは、ずっしりとした重みのある大きな箱!

箱を開けると、色とりどりの果物が詰め合わせされています。

小さなしおりが一緒に入っていて、果物の説明と食べ方が書かれています。

このしおりがあることで、何となく高級感も増すような気がします。

千疋屋の果物のしおり
千疋屋の果物詰め合わせには、小さなしおりに果物の知識や食べ方が書かれている

マンゴーは、食べごろの日付けが手書きで書かれていました。

果物はどれも甘みが強くておいしかったです。

特においしかったのは、みかん、キウイフルーツです。

みかんは糖度が高く、まるでみかんジュースを飲んでいるようなジューシーさ!

キウイフルーツは肉質がきめ細かくなめらかな舌触り、甘みがたっぷりで、本当においしかったです。

柑橘類のオレンジも果汁がたっぷりで、甘みと酸味のバランスが絶妙でした。

千疋屋の果物詰め合わせ
千疋屋の果物詰め合わせ

千疋屋フルーツは目利きがすごい!

銀座千疋屋のモットーは、「数を求めず、質を尊ぶ」です。

流通の世界では一定数が確保できないと、商売として成り立たないという話も聞きますが、銀座千疋屋のモットーは数より質重視なんですね!

おいしいものを見極める目利き、どんなポイントを大事にしているのでしょうか。

以前テレビで放映された、銀座千疋屋のバイヤーによりますと

「桃」

かたちが左右対称で全体がピンク色を帯びているもの。

理由:成長するほどに左右対称になり果肉が詰まる。太陽の光が当たることでピンク色になる。

「巨峰」

皮の色が黒っぽいもの。

理由:太陽の光を浴びるほどに黒くなるから。

野菜のトマトなども太陽に当たるほど色が赤くなるのは同じですね!

千疋屋の評判は?

千疋屋の果物のしおり
千疋屋の果物には、しおりついている。果物の情報や食べ方も書かれていて、ちょっとした高級感がある。

千疋屋は、のしやメッセージカードなどギフト対応もしているので、用途にあったものを選べます。

質を重視した確かな目利きでセレクトした逸品。

しおりも入っているので、特別感もあります。

老舗の名店のブランド感、ギフトの特別感は送った側も送られたほうも満足できるギフトとして評判は上々です。

千疋屋のギフト、果物詰め合わせは一度は食べたい大人の味!

そもそもフルーツは、3食に絶対必要ではない、嗜好性の強いもの。

いわばぜいたく品です。

千疋屋の果物詰め合わせとなると、一生自分用に購入する機会はないかもしれません。

が、思いがけなく、デーンと大きな箱に入ったずっしりとした荷物が届きました。

今回内祝いで千疋屋の果物詰め合わせをいただいて、本当においしかったので、わたしも大切な人へギフトで贈ろうと思います。

千疋屋の果物詰め合わせギフトは、一生に一度は食べたい大人の味です。