眞子様の覚悟がすごい!結婚反対に臆せず信念を貫き通される強さ!

眞子様の結婚が目前に迫っています。

テレビもネットも眞子様の結婚での話題でもちきりですね。

普段は皇室に興味がない人でも、これだけ大きく取り上げられたら、心がざわついて関心を示さないわけにいかない人も多いのではないでしょうか。

 

これほどの騒ぎになるとは、眞子様もお思いではなかったのではないでしょうか。

この記事では、眞子様の結婚反対についての世論に対する、私個人の見解を述べています。

あくまでも個人の考えとしてお読みいただければさいわいです。

眞子様、すごい!結婚反対の声の中結婚される覚悟!

まさに眞子様と小室圭さんの結婚が秒読み

ここに来て思うことは、眞子様は初めから腹をくくっていらっしゃったのだと腑に落ちたということです。

 

小室圭さんという男性は、皇族の結婚相手としてふさわしいかふさわしくないかと問われれば

これまでの常識に当てはめればおそらくふさわしくないでしょう。

 

母親の借金疑惑

親族の自殺疑惑

小室圭さんの周辺には、疑惑がつきまとうグレーな空気がまとわりついています

 

 

でも、眞子様にとっては、ふさわしいかふさわしくないかの基準ではなく、小室圭さんそのもの本人がどうか、だったのでしょう。

親とか、親族とかではなく、本人だけを濁りのない目で見たとき、感じる何かがあったのでしょう。

 

 

男女が惹かれ合うことを誰も止めることはできません。

たとえ親でも、止めることはできません。

結婚は両性の合意にもとづいた契約です。

秋篠宮様がおっしゃったように、眞子様は気持ちに素直に従い結婚されます。

 

それにしても、眞子様は強いですね。

信念を貫き通される方なのですね。

 

これだけ世間が反対しても、結婚の意思がゆらぐことはなく

しかも離れ離れになりながらも4年間も待たれたのですから、メンタル強すぎです。

さすが、皇室でお育ちになった方、サラブレッドの強い心をお持ちです。

 

眞子さま結婚反対の声、親の気持ちは?

娘が、お金にルーズというかお金に汚い母親を持つ男のもとに嫁ぐとしたら

親の立場として普通は、反対します。

 

私が娘を持つ親だったとしたら、間違いなくそうです。

 

秋篠宮様も、さぞ苦悩されたことと思います。

それでも、娘は、わざわざ苦労しにいくようなところに旅立とうとしている。

 

祝福されない結婚というものがあるのだとしたら、駆け落ちか、身分違いか

でもそれも過去のこと

 

これからのい新しい時代は

まさに風の時代は

好きな人と一緒に暮らし、好きなように生きていく。

眞子様が新しい時代を切り開いてくださる突破口になればうれしいなと思います。

眞子様結婚反対されるも貫き通す!風の時代の新しい風!

固定概念にとらわれない新しい風を感じます。

ここまでやっと来られた眞子様を応援したい気持ちになりました。

 

私にはこの人しかいない

その気持ちを会えない4年間も持ち続ける重みと意味は

私たち一般人の想像を遥かに超える覚悟があってのことだと思います。

 

風の時代の新しい息吹を感じます。

好きなことに素直になり、自分の人生を生きていく。

 

人は生まれる境遇を選ぶことはできません。

生まれたときから皇室という守られた世界におられた眞子様。

 

菊のカーテンの内側でベールに包まれた暮らしをされてきた高貴なお方。

正真正銘の箱入り娘。

 

外の世界へ旅立たれることを、自ら望まれた。

それをおやめなさいと、誰が言えるのでしょう。

 

危険から遠ざけたいと思う親心、わかります。

でも、経験は人を成長させます。

眞子様は、成長したいと望まれている。

一人の人間として、世の中を見てみたいと願われているのだと思います。

眞子様結婚反対の理由は税金?

皇族の生活には国民の税金が投入されています。

皇室は日本人の象徴、公人だから、国民が納得するお相手と結婚するべきだ、という意見もあります。

税金で皇室の生活が成り立っているから、国民が納得したお相手と結婚するべきだ、という意見は、少々飛躍しすぎだと思います。

 

皇室の方々も、私たち一般人が知らないところで、公務をされているのですから、働いていないわけではありません。

いえ、むしろ、国の公務をになって勤労されています。

 

国民の税金からお給料が支払われているといえば、国家公務員や地方公務員のお給料も、税金から支払われています。

公務員は職務に就いているときは半公人で、(一般の会社員の人でもそれは同じですが)、たとえば規則違反(交通ルールを守らないなどの)を犯したときには、公務員でない人よりも重い罰則を課せられます。

 

しかし、公務員は公務から離れたら私人であり、結婚相手は自由に選ぶことができます。

当たり前ですが、国民の納得など必要ありません。

皇族と公務員とを同じ次元で比べることはできませんが、極端にいえば、皇族だから、皇室だからと、今回の眞子様の結婚反対にデリケートになりすぎているように思えます。

 

眞子様結婚反対の理由は小室圭さんの母の金銭問題?

眞子さまの結婚反対の理由として、小室圭さんの母親の金銭問題が未解決であるとされる意見があります。

  • 小室圭さんの母親がお金に関してルーズであるという意見
  •  小室圭さんが金銭問題に関して解決済みであると発表したが、自己防衛にしかなっていないという意見
  • 眞子様が小室家についているという意見
  • 秋篠宮家が、眞子様の結婚を認めたことに関する批判
  • 皇室は国民の税金は投入されているのだから、国民が納得するお相手でなければならないという意見

 

2017年の眞子様婚約報道のあと、小室さん側のスクープが、マスメディアに取り上げられました。

 

小室圭さんのお母さんが、どんな人かは本当のところわかりません。

週刊誌報道では、お金に関して汚い人ということになっています。

もし、それが本当なら、普通の感覚をもった人であれば、関わりを持ちたくないと思うのが本音です。

 

私が娘を持つ親の立場であれば、そのとおりです。

眞子さま、結婚反対の秋篠宮様のご苦労

そんな事情を知ってか知らずか

いえ、知っていながら突き通される眞子さまに秋篠宮様も根負けされたのか、はたして祝福されるおつもりなのか

 

私が同じ娘を持つ親の立場に立つならば、

娘がそこまでいうならば

苦労もしてみなさい

自分の人生です

あなたの人生ですから、自分で決めたことなら一生懸命やってみささい

と送り出してあげたいです。

 

 

お金のことは何とかなります

ぜいたくをつつしみ、身の丈の暮らしをするならば、どうにかなります

どうしても困ったときには、相談しなさい

少しなら用立てしてあげられるかもしれません、と。

 

秋篠宮様も紀子様も、苦しい数年間だったことでしょう。

でも、もうすぐ、眞子様は温かな巣から旅立たれます、人生の第2ステージへと。

 

眞子様の新しい人生を応援しています。

どうか眞子様、お幸せに。

眞子様は、お幸せになる権利があります。

いいえ、努力しておしあわせになってください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。