フリーランスは楽しい!時間も仕事も自分で決める自由を手に入れた

フリーランスときいて、

ラクそうだな〜、自由でいいな〜

そんな感想をお持ちでしょうか。

はい、自由で人間関係に余計な気をつかうこともなくなかなかよい働き方であると、わたしは気に入っていますよ。

この記事ではフリーランスという働き方の楽しさとフリーランスに向いている人についてお伝えします。

フリーランスが楽しい理由、自分で時間を組み立てる自由

会社員であれば、月曜日から金曜日まで朝8:30から夕方5:00まで決まった時間に出社して、勤務時間中は会社に拘束されます。

月給で働くのはつまり、会社に時間を売ること。

時間と引き換えに、自分の自由を売っているのです。

フリーランスも案件をこなして、クライアントから報酬をいただくという点では、時間を売っていることに変わりはないといえば、そのとおりです。

しかし、フリーランスは自分で時間を組み立てる自由があります。

決まった時間に会社に行かなくてもよいのです。

皆の働く昼間に映画を見ていてもよいのです。

平日の空いている時間にショッピングを楽しむのだって自由です。

自分の時間を自分で組み立てる自由が、フリーランスにはあります。

フリーランスが楽しいのは、自己管理ができた上で期待に応えることができるから!

だからといって、フリーランスは自由に何でもしていては、稼ぐことができません。

フリーランスが楽しいのは、自己管理がきちんとできて、メリハリをつけて働くからです。

自己管理能力、つまり誰にも指図(さしず)されなくても、きちんと仕事をこなして成果を上げることが求められます。

職種によっては成果物(デザイン画像・WEBページ・テキスト)を納品したり、新しい企画を出したりもします。

いずれにしても、フリーランスは納期を守るのはあたりまえ、期待以上の仕事をすることで、やりがいも感じられるのです。

フリーランスが楽しいのは、裁量が自分にあるから

フリーランス、駆け出しのころは来るもの拒まずで、どんなに単価が低い案件でも実績になるから、と請けていました。

でも、そこそこ経験を積むと、仕事を選べるようになります。

そう、決定の裁量が自分にあるのです!

これ、結構重要です!

自分で選べる、選択の自由があることで、仕事に対する責任感もより強くなります

やらされ仕事でなく自分で選んだ仕事は、能動的に取り組むことができます。

フリーランスの仕事は趣味の延長で楽しい?

フリーランスで仕事をしていると、興味のあることが仕事につながる機会が増えます。

また逆に、好奇心の幅も広がります。

わたしはライターの仕事も請けているのですが、自分では調べないテーマの仕事をいただくと、視野も広がり好奇心をもって日々の暮らしを送れるようになります。日常が楽しくなります。

趣味と仕事の境目がなくなるのも、フリーランスならではかもしれません。

フリーランスは楽しいけど大変な面もある!

フリーランスは、自分で働いた分が稼ぎのすべてです。

会社員のように会社にいくだけで安定した稼ぎがあるなんて甘い蜜はいっさいありません。

収入は安定していません、変動ありすぎです!

だからこそ、目標を立てて、効率のよい仕事のやり方を考えたり、仕事もっと取れるよう努力することで収入がついてくるようになります。

収入を気にするようになることで、スキルもアップします。

仕事量も収入も自己責任です。

フリーランスに向いている人は?

孤独が苦手ではない人 一人でいるのが嫌ではない人
自分一人でも仕事ができる人(誰かに見られていないと仕事ができない小学生のような人は向いていません!)
会社の人間関係にうんざりしている人(仕事に集中したい人)
稼ぐ力がある人(営業力や交渉力、プレゼン力も必要)
自分の好きな仕事だけしたい人
わたしは、人間関係やら環境やらいろいろあって、結果的にフリーランスに落ち着きましたが、今の環境をほんまに気に入っています。
人間関係で苦労したこともすべてこの環境に落ち着くためやったと思ったら、ありがたかったと思えるくらいです。
ほんまにおおきに!!

 

合わせて読みたい

わたしはコロナ前からリモートで仕事をしています。 この記事では、3年間リモートワークをやってみて実際に感じているメリットと自己管理についてお伝えします。 リモートワークは羨ましいけど、現実はどうなの? 自宅で仕事をしているなんて羨[…]

todoリスト
合わせて読みたい

わたしは在宅でデザイン業務をしています。 この記事では、在宅デザイナー希望の人が仕事を見つける方法や、必要なスキル、気になる収入についてもお知らせします。 在宅でデザイナー業務、求人はどこで見つける? 在宅デザイナーは、ネットに情[…]

カラーチャート

 

最後まで読んでくれはって、ほんまにおおきに〜〜ありがとうございます!